文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

リハビリテーションブログ

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

消化器センターリハビリチーム 紹介

2020年11月30日

カテゴリ:
リハビリ

こんにちは、消化器センターリハビリチームです。

消化器センターリハビリチームは、病棟専従の理学療法士2名、作業療法士1名で構成されています。今年度からは作業療法士が加わったことで、日常生活場面に沿った評価、治療も可能となり、より幅広く充実したリハビリテーションを提供できるようになりました。また、医師の指示の基、言語聴覚療法士による嚥下機能の評価、訓練も行っております。

 消化器センターでのリハビリは、主に外科の術後(胃がん、大腸がん、乳がん、胆嚢炎、腸閉塞など)や内視鏡治療後の方、緩和ケアの患者様を対象としております。それ以外の疾患の患者様でも、医師の指示の基で必要に応じてリハビリを実施しています。

 外科の術後の患者様に対しては、術後合併症の予防、身体機能、動作能力の向上、体力の向上を目的として、呼吸訓練や歩行訓練を中心に行います。また、手術の前日までに一度スタッフがお伺いし、術後のリハビリに関するオリエンテーションや、呼吸指導、動作指導を行います。乳がん術後の患者様に対しては、病棟専属の女性スタッフが担当し、運動指導、生活指導を実施しております。緩和ケアの患者様に対しては、身体機能の維持を目的として、ベッド上での運動や全身状態に合わせて動作評価、訓練を行います。また、必要に応じて福祉用具の選定などを行っています。

 患者様が不安なく退院を迎えられるよう、常に心がけながら治療に取り組んでいます。これからも消化器センターリハビリチームを宜しくお願いします。

 

あ