フリーワード

診療科

用途から探す

受付時間

【午前】7:30~11:30
【午後】13:00~16:00

診療時間

【午前】9:00~13:00
【午後】14:00~17:00

面会時間

面会禁止中
テレビ面会実施中

休診日

日曜日・祝日・12月30日~1月3日

専門ドック

脳ドックのご案内

脳梗塞や、クモ膜下出血などに代表される脳の病気は、自覚症状がなくてもひそかに進行している場合があります。このような無症状の病態も、ひとたび発症するとその後の生活に非常に大きな影響を及ぼす場合があります。脳ドックは、そうした病気を早期に発見することで、皆様の今後の安心した生活づくりをサポートいたします。

脳ドック

一般内科的検査を含めて脳を検査したい方

1.5T(テスラ)MRI 42,900円
3.0T(テスラ)MRI 48,400円

簡易脳ドック

主に脳を検査したい方

1.5T(テスラ)MRI 27,500円
3.0T(テスラ)MRI 33,000円

※3.0T(テスラ)MRIは従来の1.5T(テスラ)MRIの2倍の静磁場強度を持っており、より小さな病変を発見できます。

このような方におすすめします

I.次のような自覚症状が過去にあった方

  • 手足がしびれる
  • 物忘れがひどい
  • ろれつが回りにくい
  • めまいがする
  • 耳なりがする
  • 歩行時にふらつく
  • けいれんを起こした事がある
  • 頭痛、頭が重い
  • 日頃ストレスを感じている

II.次のような病歴のある方

  • 高血圧症

III.家族に次のような病歴がある方

  • 脳の病気(脳梗塞、脳卒中など)
  • 高血圧症

無痛MRI乳がんドック(ドウィブス・サーチ)のご案内

女性のがんの中でも最も多いのが「乳がん」ですが、他のがん同様、検診で発見された場合と自覚症状が出てから見つかった場合とでは5年後の生存率に大きな差が出るといわれています。
しかし、日本の乳がん検診受診率は先進国の中でも最下位と言う現状です。「無痛MRI乳がん検診(ドウィブス・サーチ)」は、検査時の強い痛みや乳房を見られることの恥ずかしさから受診をためらう女性たちの強い味方となる、新しい検査方法です。

無痛MRI乳がんドック

無痛MRI乳がんドック 22,000円

無痛MRI乳がんドックの特徴

I.痛くない!見られない!

  • 従来のマンモグラフィとは異なり乳房を挟まないので、痛みもありません。また、検査着を着たままで検査ができるので、乳房を他人に見られることがありません。

II.被ばくゼロ

  • MRI検査ですので、放射線被ばくはゼロです。ですから何度受けても累積被ばくはゼロのままです。生涯のあいだに繰り返し受ける検診として、とくに向いている検査と言えます。

III.検査精度が高い

  • ドゥイブス・サーチのがん発見率は、1000人あたり14.7人でした。直接比較はできませんが、平均的なマンモグラフィの5倍以上に相当します。

Ⅳ.豊胸術や乳房の手術後も検査できる

  • 乳房を圧迫しないので、インプラントや挿入物(ジェルなど)を入れている人も受けられます。

Ⅴ.日本人の乳房に適している

  • 日本人の半数以上は、マンモグラフィ検査で乳房が白くなってしまうデンスブレスト(高濃度乳房)といわれています。ドゥイブス・サーチでは、乳腺の濃度の影響をほとんど受けないので、デンスブレストの方でも問題なく受けることができます。

Ⅵ.専門医が読影します

  • ドゥイブス法を発明した医師が監督し、トレーニングを受けた専門の読影医が読影します。異常所見が見られた場合には、当院の乳腺外科にてフォローアップ致します。

    より詳しい情報はこちらをご覧ください。

すい臓ドックのご案内

すい臓ドック(すい臓MRCP+腫瘍マーカーCEA・CA19-9)

頑固な背部痛、腰痛、糖尿病の出現は、膵臓がんの症状である場合があります。しかし超音波検査で膵臓を観察するには、内臓脂肪や消化管ガスが邪魔をして難しい場合があります。これに対し、MRCPはMRIを用いて胆管や膵管を描出することで膵臓がんの発見に寄与します。腫瘍マーカーと組み合わせて行うことで、より高い発見率をめざします。

すい臓ドック料金 29,700円
オプション
腫瘍マーカー(SPan-1・DUPAN-2)
+4,400円

このような方におすすめします

I.次のような自覚症状が過去にあった方

  • 背部に痛みがある
  • 腰痛がある

II.次のような病歴のある方

  • 糖尿病
  • 慢性膵炎
  • 遺伝性膵炎

III.家族に次のような病歴がある方

  • 膵臓がん
  • 遺伝性膵臓がん症候群

大腸内視鏡検査のご案内

大腸がんは日本では大変患者数の多いがんのひとつです。がんが進行すると血便や下血、下痢、便秘などの症状が現れますが、症状を自覚したときには手術での完治が難しいほどに悪化していることも少なくありません。
横浜新緑総合病院では、皆様の声をもとに健診センターでも大腸内視鏡検査をご案内できるようになりました。

大腸内視鏡検査の目的は、大腸内の粘膜の変化を内視鏡により発見し、その組織の一部を採取し(生検)、その組織を顕微鏡により観察し、組織を構成する細胞が良性か、悪性かを判定することで、微小ながんを早期に発見できる検査です。ぜひ一度検査を受けてみてください。

大腸内視鏡検査料金 30,800円

このような方におすすめします

I.次のような自覚症状が過去にあった方

  • 血便がある
  • 下血がある
  • 下痢がある
  • 便秘がある

II.次のような病歴のある方

  • 便鮮血の検査で、異常ありと診断された方

III.家族に次のような病歴がある方

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん

ご予約方法

当院は完全予約制です。お電話でご予約下さい。

ご予約電話番号

045-984-3003

【受付時間】
月~土 9:00~17:00

ご予約の際に以下の項目を確認させていただきます。

  • ご希望のコース
  • お名前・生年月日
  • 住所・電話番号
  • ご加入の健康保険組合

ドックは受診日の7日~10日前に
健康診断は、ご予約後1週間程でご案内の書類を送付いたします。

TOP