文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

リハビリテーションブログ

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

回復期リハビリテーション病棟 入院患者統計報告

2014年12月20日

カテゴリ:
回復期リハビリ

今回は当院の回復期リハビリテーション病棟に4~11月に入院されていた方々の退院先や入院日数の平均データの報告をさせて頂きます。

当病棟に入院された方々の疾患や退院先のパーセントは図のようになっています。
 
脳血管疾患は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの方、
運動器疾患は骨折や靭帯損傷などの方です。

 

 
 
  
 
年代別
 30歳代5%、40歳代10%、50歳代11%、60歳代17%、70歳代37%、80歳代16%、90歳代4%でした。
 

平均在院日数は脳血管疾患の方が75日、運動器疾患の方が43日、全体では67日でした。

また、回復期リハビリテーション病棟では重症患者様の受け入れに関しての割合も算出しています。

重症患者割合42%(重症な方の受け入れ割合)、

日常生活機能評価A項目18%(心電図モニターや呼吸ケアなど看護が必要な項目を点数化した物)、

重症回復割合60%(入院当初と比べ退院時の回復した度合い)でした。

 

数値でみていくとまた違った視点で当院のことを知って頂けると思います。

今後も患者様の回復を最大限にサポートしていきます。