文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

リハビリテーションブログ

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

事件は現場で起きている!?

2010年03月29日

こんにちは。
事もあろうか、広報部長の私(大平)の順番で更新が滞ってしまい、当ブログを楽しみにされている皆様、申し訳ありません!

今回は、患者様の退院に向けて行っている「家屋調査」のお話しを。

家屋調査とは、リハビリスタッフがご自宅に伺って、患者様の退院時に必要と思われる福祉用具や、手すりなどの改修について、患者様やご家族(場合によってはケアマネージャーさんや、建築業者さんも)と相談することです。

事件は現場で起きている!!

じゃないですけど、やはり実際ご自宅に伺った方が、具体的に話が進みます。

今回の患者様の場合・・・

「トイレの手すりは移動と、立位の保持で必要だから、位置や形はこのタイプが良いのでは」

「玄関の出入りには、実際の動きを見ると、逆に手すりをつけるより、今ある下駄箱で代用した方が良いのでは

など、病院ではできないより具体的な検証ができました。


ご家族からも

「退院後のイメージが沸きやすかった」

とご好評だったようです。


患者様ご本人も久しぶりの外出とあって、気分転換になった様で、家屋調査の大切さを改めて感じた今日この頃でした。


さて、もうすぐ来年度ですね。
4月の記事では、新人スタッフの紹介を予定していますので、ご期待ください☆

退院後のイメージ