文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

リハビリテーションブログ

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

嚥下障害の摂食介助勉強会

2010年07月20日

突然ですが、皆様、「嚥下障害」という言葉をご存知でしょうか??

お正月になると、
「お餅を喉に詰まらせた」
という話を耳にしませんか?

飲み込みが悪くなると、
食べ物を喉に詰まらせたり、むせたりします。


このことを、「嚥下障害」と言います。

年をとると、足腰と同じで、喉の力も弱くなります。
また、脳の病気をすると、喉に麻痺がでて、
うまく飲み込めなくなってしまいます。

・・ということは、
病院には、飲み込みに問題をもつ方が、たくさんいらっしゃるということですね。

では、そういう方々に安全にご飯を食べていただくため、
私たちはどうしたらよいのでしょうか?

そこで、

6月2日
新入職員を対象とした、
「嚥下障害の摂食介助」という勉強会が開かれました。

栄養士と言語聴覚士から、
患者様に、より安全に食べていただくための、
「飲み込み観察の視点・飲み込みやすい食事の形と硬さ・お手伝いの仕方」について話をきくことができました。

実際に病院の食事を食べてみたり。
お互いに食べさせあってみたり。

口から食べるって、
普段何気なくやっていますが、
本当はとても複雑なことみたいです。


30秒間につばを何回飲み込めますか?
というテストがありましたので、わたくしやってみました。

皆様もご一緒に!

せーの!!!

・・・・


意外と難しいですね。
皆様どうでしたか?

3回以上できた方、おいしくご飯を食べましょう。

2回以下の方、お餅、気をつけて食べましょうね!

言語聴覚士 末綱、土屋、小川、市川

摂食介助勉強会01摂食介助勉強会03