文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

リハビリテーションブログ

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

リハビリテーション部 ~第30回院内学術発表大会~

2022年03月22日

カテゴリ:
リハビリ,回復期リハビリ

こんにちは!

回復期チームの理学療法士、福山です。

 

まだまだ朝晩は寒い日が続いていますが、少しずつ春らしい日差しを感じるようになりましたね。

 

さて、去る2月26日(土)に、当院では第30回院内学術発表大会が行われました。

私たちの研究テーマは、『 できる!と思って ~患者の自己能力の過信は転倒につながるか~ 』です。

患者様がより安全に生活が出来る様、私たちリハビリスタッフや病棟スタッフは、適切な介助量の設定を心掛けています。

しかし、時には転倒してしまう場面があります。

 

そこで、患者様がご自身が『できる!』と感じている動きと、スタッフ視点での『できる』能力には違いがあるのか、それは転倒と関係があるのかどうか。

もし事前にその『誤差』を調べられたら、転倒を未然に防ぐことができるのではないか?そんな思いからテーマが決まりました。

 

回復期の患者様や病棟スタッフ、リハビリスタッフ全員の協力のもと、昨年10月から約5か月間に渡り研究してきた結果は………

 

 

なんと“金賞”!!金メダルです!

 

ああ

 

 

 

 

 

 

 

表彰直後の嬉しい様子が、笑顔で分かりますね!

 

今回の研究を生かし、病棟スタッフ、リハビリスタッフ全員で、患者様ご本人がより快適に過ごしていただけるよう、引き続き努めて参ります。

 

 

今後とも、回復期チームをよろしくお願い致します。

 

リハビリブログ一覧に戻る

http://www.shinmidori.com/rehabilitation-blog/