文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

栄養科

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

栄養科のご紹介

私たち管理栄養士は、疾病や症状の回復に向けて「食」と「栄養」の面からサポートを行っています。また患者さんやご家族の「食」に対する想いが叶えられるよう多職種との連携を大切にしています。

栄養科集合写真

栄養モデル

  • 糖尿病療養指導士   3名
  • NST専門療法士    3名
  • 病態栄養専門士    1名
  • TNT-D認定管理栄養士 1名

食事提供

エームサービスのスタッフが、美味しい・安全・安心に配慮した食事の提供に努めています。
医師の指示のもと疾病や病状に合わせた治療食、噛む力や飲み込む力の低下に配慮した嚥下食などを提供しています。

エームサービス集合写真

栄養相談

① 入院栄養相談

糖尿病や脳卒中の方への食生活改善、消化器疾患後の方への食品の選び方や食べ方、噛むことや飲み込む力が弱くなってきた方への安全な食品の選び方や調理法、栄養が十分摂れない方への食べ方の工夫…などご家族も含めて相談を行っています。
ご希望の場合は医師、看護師、病棟担当管理栄養士までご相談下さい。
   月~土 午前9:00~11:30 午後14:00~16:30

② 外来栄養相談

糖尿病や脂質異常症など生活習慣病の方を中心に栄養相談を行っています。単なる食事制限ではなく、仕事や家庭環境などの生活習慣を伺ったうえで、実施・継続ができるプランを患者さんと一緒に考えます。また問題点に着目しプランを提案することで効果のある行動変容を目指しています。ご希望の場合は主治医にご相談下さい。
   月~金 午前9:00~11:30 午後14:00~16:30
    土  午前9:00~11:30

③ 糖尿病透析予防指導

医師と看護師、管理栄養士が連携して、糖尿病の三大合併症のひとつである糖尿病腎症の方に食事療法・運動療法・薬物療法・生活面など糖尿病療養全般に対する支援をしています。
当院では看護師と管理栄養士が同席して指導を行っています。
   月・金   午前 9:00~11:30

④ 地域連携栄養相談

地域医療連携の一環として、地域の医療機関からご依頼を受けた方に栄養相談を行っています。詳細については下記をご覧下さい。
地域連携栄養相談について

栄養科相談
栄養相談対象
糖尿病、脂質異常症、高血圧症、腎疾患、肝疾患、膵疾患、高尿酸血症、消化管術後、胃潰瘍、貧血 嚥下障害、栄養障害(低栄養)、がん治療による食欲不振…など

ご希望の方は主治医にご相談下さい。

⑤ 集団教室

糖尿病や高血圧の方を対象に定期的に集団教室を行っています。
開催日程については下記をご覧ください。
糖尿病教室のご案内

栄養管理

入院患者さんに対して
①栄養状態の維持・改善や、疾患に合わせた栄養・食事療法の実践に向けて栄養管理計画書を 作成します。
②患者さんに適した食事の提供を行います。
③週1回栄養スクリーニングを行い、低栄養のある場合は、看護師・薬剤師・言語聴覚士と共に栄養改善に向けて栄養カンファレンスを行います。
④退院後も食事療法や食形態に配慮が必要な方には栄養相談を行います。
⑤入院中の栄養や食形態などに関して退院先に情報提供を行います。
栄養サマリー

栄養科カンファレンス

栄養基準

    ↑多職種で行う栄養カンファレンス

NST(Nutrition Support Team)

NST

専門的な栄養療法を提供するために、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士で構成された医療チームです。毎週木曜日にチームで回診を行い、栄養状態の改善・治療効果の向上・合併症の予防・QOLの向上などを活動目的としています。

NSTについてのご案内

その他の取り組み

回復期病棟イベント
 季節に合わせたデザートイベントを開催し、リハビリを頑張るみなさんを応援しています。

NST

NST

NST

糖尿病患者会の料理講習会
 糖尿病患者会のみなさんとイベントを通して交流を深めています。

NST

NST

業務件数

 2015年度2016年度
入院栄養指導 1.444 851
外来栄養指導 3,127 2,983
透析予防指導 290
NST回診 833 1,114