文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

調剤薬局のご案内

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

良い保険薬局の選び方

保険薬局イメージ 医薬分業は厚生労働省の推し進めてきた制度で、最近では多くの方に認知され保険薬局も選びやすくなりました。 では、調剤薬局を選ぶ際のチェックポイントはどのような点でしょう。次の3つのポイントをご利用される際に注意してみてはいかがでしょうか。

薬歴(やくれき)がきちんと管理されていますか?

“薬歴(やくれき)”という患者様がかかった病気、そのときに使用した薬、その薬による副作用やアレルギーが無かったか等の記録をきちんと管理していて、2回目以降に調剤してもらった時や、電話で質問をした時に、前回と比較して様子を確認したうえで指導を行ってくれる薬局が望ましい薬局といえるでしょう。

気軽に相談にのってもらえそうですか?

薬剤師は薬の専門家として患者様と接しており、患者様が気軽に相談することで正確な調剤につながる事もあります。利用されている保険薬局が「質問に気軽に答えてくれる」、「電話での問い合わせにも親切に応対してくれる」また「処方せんの内容などについても気軽に医師への問い合わせを行ってくれる」薬局を選ぶとよいでしょう。

薬や健康に関する情報提供に積極的か?

患者様の薬や健康に関する疑問を事前に解消してくれるよう、常日頃から薬や健康についての情報を定期的に出したり、ホームページを活用した情報提供を行っている薬局は心強い存在です。難しい情報も患者様に分かりやすい表現に噛み砕いて提供してくれる薬局を探しましょう。

  • ページの先頭へ戻る

保険薬局でこんな質問してみましょう(GET THE ANSWER)

利用している保険薬局で疑問を解決してから薬を服用していますか?
保険薬局では以下のような事を説明してくれる筈です。
分からないことは気軽に質問してみましょう。

最初に確認しなければならない事は『薬の名前』です

皆さんが、医師から「今までどんな薬を飲んでいましたか?」と質問された時、皆さんは答えられますか?
これは医師にとって、皆さんの症状を判断したり、治療方法や処方を考える上でとても重要な情報です。自分の飲んでいるお薬の名前は確認しておきましょう。
また、前に飲んだお薬がよく効いたとか、逆に副作用を経験した事などを伝えるときにも薬の名前は把握してないといけません。最近では少し費用がかかりますが『お薬手帳』という服用している薬の記録を残す手帳が利用されています。安心して服用するためにも是非利用しましょう。

第二は『その薬の効き目や働き』の確認です

あなたは飲んでいる薬がどんな作用のある薬か知っていますか?
自分の使っているお薬について、その名前と作用をしっかり理解しておくことは、お薬を有効にまた安全に使用するための第一歩です。

第三は「この薬を使うとき注意すること」の確認です

薬の飲み方には、1日2回しか食事をしないのに「毎食後3回服用」と言われたら、ちょっと困りますね。薬によっては1日1回あるいは2回の服用で同じ効果を発揮する薬もあります。病態にもよりますが医師や薬剤師に相談すればこういった薬に変更してもらうことも可能です。
また、薬の保存では冷蔵庫や遮光、密封して保存など薬によって気をつけなければならない事、補助具を使うことで効果的に効きが現れる薬など、薬を「飲む」というだけでなく「保存」や「使用上の工夫」など、薬剤師に質問すると良いことって意外と多いのです。

第四は「副作用」の確認です

薬の副作用には、軽いものから、稀にしても命に係わるような重大なものまで様々です。副作用は、その初期症状についての知識を得ておき、副作用かなと思う症状が現れたら、まず薬の使用を止めて医師や薬剤師に確認することが大切です。肝臓や腎疾患の既往歴のある方や、ご高齢の方は副作用が出る可能性が高いため特に注意が必要です。 また薬や食物によるアレルギー歴のある方、妊娠している可能性のある方も注意が必要となります。このような方は、薬局を利用する際、薬剤師にその旨を必ず申し出てください。

第五は「飲み併せ」の確認です

お薬は何種類かが組み合わされて処方されることが多く、医師や薬剤師は薬の「飲み合わせ」に常に注意を払っています。2ヵ所以上の医療機関にかかってそれぞれからお薬をもらった薬をー緒に飲むとき皆さんは相談していますか?
先ほども紹介しましたが2ヵ所以上の医療機関から薬を処方してもらっている場合『お薬手帳』で飲みあわせをチェックすると便利です。
また薬同士の飲み合わせばかりでなく、食べ物や飲み物との「飲み併せ」によっても思いがけなく薬の効き目に変化を生じさせることがあります。納豆に含まれるビタミンKやグレープフルーツジュース、牛乳などと一緒に飲むと作用に影響のある薬もあります。食べ物だからと思わず是非一度薬剤師に確認しましょう。

  • ページの先頭へ戻る

有効期限と使用期限について

ご家庭に余ったくすりどうしていますか?
薬イメージ必要の無くなった薬を「いつか使うかもしれない」なんていう気持ちで捨てきれずに溜まっていませんか?
まずは、その薬が有効期限・使用期限が過ぎていないかチェックしましょう。家で不用になった医薬品は、誤飲などの事故を防ぐためにも破棄する事が原則となり、廃棄する時もきちんと分別しないと危険です。手元に余っている薬は「家庭の常備薬」として再利用できるかどうか?破棄すべき薬剤なのか?かかりつけの保険薬局にご相談ください。
ご参考までに下記サイトで医薬品の有効期限について書いてあります。
ご参考までにご覧下さい。

  • ページの先頭へ戻る

特定保健用食品との上手な付き合い方

許可証票 「バランスの良い食事」といわれても。。。とお困りの方へ
許可証票特定保健用食品とはアンバランスな食生活によって忍び寄る高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の一次予防に役立ち、体調を整えるなどの機能を持った、厚生労働大臣が保健の効果を表示することを許可した食品です。
一般に「トクホ」と呼ばれており、その効果は動物やヒトに対する試験結果をもとに評価し確認されていますので、生活習慣病の一次予防や健康維持・増進にも期待できる食品です。
生活習慣病とかかわりのあるコレステロールや、血圧や血糖値を調整する食品もあり、利用する方の食生活やライフスタイル、体調、他の食品とのバランスなども充分考えて上手に利用することが肝心です。
詳しい事は、特定保健用食品を取り扱っている薬局にお尋ね下さい。
現在許可されている特定保健用食品の一覧は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

現行において認められている主な表示内容と保健機能成分
主な表示内容主な保健機能成分
お腹の調子を整える食品 各種オリゴ糖、ラクチュロース、ポリデキストロース、グアーガム、サイリュム、乳酸菌
血圧が高めの方の食品 ラクトトリペプチド、カゼインドデカペプチド、ゲニポシド酸菌
コレステロールが高めの方の食品 大豆たんぱく質、キトサン、低分子化アルギン酸ナトリウム
血糖値が気になる方の食品 難消化性デキストリン、小麦アルブミン
コレステロールが高めの方の食品 大豆たんぱく質、キトサン、低分子化アルギン酸ナトリウム
ミネラルの吸収を助ける食品 CCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)、CPP(カゼインホペプチド)、ヘム鉄
食後の血中の中性脂肪を抑える食品 ジアシルグリセロール
虫歯になりにくい食品 パラチノース、マルチトール、キシリトール
  • ページの先頭へ戻る

かかりつけの薬剤師を持とう!

薬剤師さんをどんどん活用して「薬賢人」になる方法
横浜市薬剤師会副会長/ふたば薬局経営  向井 秀人

あなたは、薬剤師を身近に感じられますか?
実は薬剤師は、街の"物知り科学者"です。その守備範囲は、薬関係から健康、医療、環境衛生などと幅広く、有能な生活アドバイザーにふさわしい存在なのです。
皆さんも、ぜひ「かかりつけの薬剤師」を作って、上手に活用してみませんか。安全・安心な薬との付き合い方を知ることもできますし、薬や健康の悩みごと・困りごとなら、何でも気軽にご相談くださって構いません。

行きつけの薬局を、"かかりつけの薬剤師"にしよう

わたしは、横浜市旭区で調剤薬局を経営しています。まわりは住宅団地ですから、馴染みのお客さまも多く、薬のことはもちろん、健康面や衛生面などさまざまな生活上の相談が持ち込まれます。そんな店内の壁には大きく、「かかりつけの薬剤師を持とう」というメッセージが書かれています。これが薬剤師としてのわたしのモットーだからです。
皆さんも、 " かかりつけの医者 " という言葉は聞いたことがあるでしょう。小さなお子さまをお持ちのお母さんなら毎月のように通う小児科があるはずです。持病のある方はそれぞれの専門医に定期的に通っているでしょう。そして、たぶんその医院の近く、駅の近く、ご自宅の近くに、いつもお医者様からの処方せんを持っていく調剤薬局があるはずです。
それは、いわゆる " 行きつけの薬局 " です。それを一歩進めて、「かかりつけの薬局」に、できれば「かかりつけの薬剤師」を持っていただくことができたら、皆さんの生活は、ずいぶん安心できるものになるのではないでしょうか。
かかりつけの医師が、これまでの(もしかしたら子供の頃からの)皆さんの病歴や症状を熟知しているように、Aさんという薬剤師に患者個々人がつくようになっていき、これまでにどんな症状でどんな薬を飲んだか、今どんな薬を飲んでいるかなどを把握していたら、こんな心強い相棒はありませんよね。

薬剤師は、身近な"物知り科学者"=健康・医療アドバイザー

と言われても、多くの方は「そうだけど、でも薬剤師さんが?」と考えるでしょう。
皆さんのイメージする薬剤師は、薬局で白衣を着ていて、処方せん通りに薬を袋に入れ、服用方法などを説明してくれる人、でしょう。「薬のことは薬剤師に聞けばいいのかな」という程度の認識があれば上々でしょう。
実は、薬剤師の職務は " 薬のお渡し " だけではありません。もともとは「薬を作る」仕事をするのが薬剤師だったのです。それがだんだん広範囲になってきて、日常生活における健康、医療、衛生、環境に関わるさまざまな仕事を守備範囲とするようになりました。たとえば学校薬剤師は、学校で発生した虫、ハエ、ゴキブリなど衛生面の対処、プールの水質管理なども仕事のひとつです。本来、街の薬剤師は、毛虫やハチに刺されたときの対処、ねずみが出た時の対処など、日常生活における健康・衛生・医療のアドバイザーとして活躍できる人たちなのです。
ですから今でも薬剤師は、皆さんの近隣地域でも一、二を争う " 物知り科学者 " のはずです。薬のことに限らず、ご自身や家族の健康のこと、住まいの環境のこと、庭の木に付いた虫の駆除に至るまで、「こんなこと聞いてもいいのかなあ」と躊躇する前に、気軽に相談してみてください。
幸い、医薬分業が進んでいて、薬局はたくさんありますので、きっと皆さんの相談に親切に対応してくれる " 薬剤師(薬局)を選ぶ " ことができるでしょう。

かかりつけの薬剤師がいることのメリット

では、 " かかりつけの薬剤師 " を作っておくことの具体的メリットは何でしょう。皆さんからすると、 " 常連客 " になることの利点をいくつか挙げてみます。

気軽にコミュニケーションができる

何よりのメリットは、顔を覚えている(覚えられている)気安さから、不必要な遠慮や緊張が取れ、コミュニケーションの垣根が低くなることです。「こんなこと聞くと恥ずかしい」という気持ちは誰にでもありますが、いつもの薬剤師なら「ついでにこれも聞いておこうかな」と思うのではないでしょうか。毎日買い物に行く八百屋さんなら、なにか旬のものが入荷していないか、どんな料理にしたらおいしいか、店先でちょっとした会話も弾みますね。あの調子で構わないのです。ただし、値引きやおまけはないかもしれませんが。

薬歴管理ができる

薬歴管理とは、複数病院の処方せんをかかりつけの薬局に集約することで、個人の薬歴を管理することです。皆さんの中にも調剤薬局が出す「お薬手帳」や情報文書などで、薬の種類や服用方法を確認されている方もいらっしゃるでしょう。このような薬歴管理によって、飲み合わせ対策が可能になります。異なる医療機関からの処方薬を一緒に飲んでいいかなどをチェックできるわけです。かかりつけの薬局ならば、過去の服用薬もわかりますから薬歴管理がかなり確実にできます。もちろん、皆さんのほうからも、「今までこんな薬を飲んでいた」といった情報提供があればさらに完璧になるわけです。

薬の間違い防止ができる

医師も薬剤師も人間ですから「100%ゼッタイ間違わない」ということは言えません。医師が処方せんを書き間違う、医療事務の人が入力ミスする、薬剤師が出し間違う・・・。また、薬名だけでなく、服用量の間違いも起こりうるのです。もし、かかりつけの薬局であれば、「あれ、Bさんはこの前はこの薬を(これだけの量)飲んでいたのに・・・」という疑問が薬剤師の頭に浮かびます。「今度は ○○ が悪いんですか?」とBさんご自身に聞くこともできますし、処方せんを書いた医師に確認することも可能です。普段からの付き合いがあれば、飲むべき薬の間違いという決定的ミスを防止するチェック機構が働きやすくなるわけです。

薬の悩み相談ができる

医師は、この患者にこの薬を○mg飲ませたい、と考えます。しかし、患者の中には、飲みにくい、飲み下せないとの悩みを抱えている方もいます。"どう薬を飲ませるか"を考えるのも薬剤師の仕事なのです。出された薬を黙って飲む、という悪習が長く続いてきましたが、どんな悩みであってもまずは薬剤師に相談して欲しいのです。最近では、プライバシー保護のため、「相談室」を設け、他の客の前では相談しにくいことをお聞きできる薬局も増えています。
たとえば、剤形の変更も薬剤師の仕事のひとつです。錠剤が飲めない患者であれば、粉に切り替えるし、粉が存在しないのなら、砕いても構わない錠剤かどうかを考えるわけです。お子さんやお年寄りに粉薬や錠剤を無理強いする必要は全くありません。薬は飲んで初めて意義があるのですから。「ちょっと、わがままかな」と思われるような相談事、頼み事も、かかりつけの薬剤師なら大丈夫ですよね。

患者の自己責任意識も大切

しかし、もっとも大切なのは、皆さんご自身の自己責任意識です。かかりつけの薬剤師も万能ではないのですから、皆さんとのコミュニケーションのキャッチボールによって初めて、ご自身や家族が飲む薬との安全で効果的な付き合いが可能になるのです。ご家庭で食べる野菜や惣菜では原材料の産地や賞味期限などを気にする方も、薬については結構無頓着なのです。しかし、自分が飲む薬である以上、どこの製薬会社が作った薬なのか、どんな作用があるのか、どんな副作用があるのか、くらいは把握すべきでしょう。少なくとも、処方せんを見れば何の薬をもらうのかがわかるわけですから、薬局からもらった薬が同じものかどうか、量は間違いないかは確認すべきでしょう。また、慢性患者であれば、次の来院時まで薬が足りるのかどうかを確認してください。現在は、2週間以上の投薬処方せんも可能になりましたから、たくさんの量と種類の薬を出す機会も増えています。ですから、薬剤師が出すべき薬の数や種類を間違えてしまう可能性も相対的に高まっていると考えなければなりません。

皆さん一人ひとりをサポートできる「顔の見える」薬剤師を目指して

少なくとも「自分のことは自分で守る」ことが基本になるわけですが、そこで薬剤師を上手に活用すれば、より一層の効果が出るはずです。薬剤師は、薬の専門家であり、健康生活や環境衛生についても良き相談役です。健康・医療・環境など日常生活の上で何か困ったことがあったら、とにかく一度相談してみる相談窓口、駆け込み寺として役立ててください。薬剤師も、単なる " 薬を出す仕事 " から、患者一人ひとりに対応した「人を見る仕事」に変化しつつあります。もっと皆さんの生活のすぐそばで、「あ、あの薬剤師さんに聞いてみよう」と思いついていただけるよう、地域に溶け込んだ「顔の見える」「存在感のある」薬剤師を目指していきたいと考えています。