疾患・症状

腰部脊柱管狭窄症の手術

神経を圧迫している骨や靭帯を削って取り除く「除圧(じょあつ)術」を行います。また、背骨が不安定な場合には、除圧だけでなく脊椎を安定させる「固定術」を追加します。

また当院では痛みを軽減するため、脊椎の低侵襲手術を採用しています。棘突起(きょくとっき)という骨をノミで縦に割って、そこから削る棘突起縦割法(きょくとっきじゅうかつほう)を行うことで筋肉を傷めずに神経の圧迫を取り除くことができます。また骨を固定するネジを入れるところだけを切るので、手術による身体の負担が少ない方法です。

対象の診療科
TOP