疾患・症状

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、神経の束である脊髄を保護する役割をもつ脊椎が変形し、脊髄を圧迫している状態です。
40代以降に多く発症し、足のしびれや痛みが起こります。さらに歩くことで症状が悪化し、長距離を歩くことが困難になる間欠性跛行(かんけつせいはこう)という状態になります。

軽度な場合では保存的治療として、鎮痛剤などの薬を使いながら筋肉を鍛える運動療法を実施すしています。
脊椎の狭窄が高度な場合や、保存的治療で痛みが改善されずに日常生活に大きな支障がでる場合は、患者さまとご相談のうえで手術治療を検討します。

対象の診療科
TOP