疾患・症状

頚髄症

頚椎症性骨髄症(頚髄症)は、脊髄という神経が圧迫を受けて生じます。脊髄が圧迫されると、手足のしびれのほか、手足を動かしにくい、力が入りにくい、歩きにくい、大小便を出しにくいなどの症状が発生します。この病気は症状に多少の波はあるものの、少しずつあるいは急速に進むことが知られています。現状の脊髄を圧迫されたままで放置すると、今後さらに症状が悪化し、四肢の麻痺やしびれが強くなる危険があります。また、脊髄が圧迫されたままで、頭部に強い衝撃を受けるケガをした際に急性の脊髄損傷をおこし重篤な麻痺に至る可能性があります。
手術により脊髄の圧迫を取り除くと、症状の進行を止めることができ、手足の動きにくさがよくなる可能性があります。

対象の診療科
TOP