文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

呼吸器科

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

当科からひとこと

頑固な咳に悩ませられている、今までは楽に上れた階段なのに息が切れるようになったなど、症状は軽くても長く続く場合には呼吸器疾患が隠れている可能性がありますのでご相談ください。
また、健康診断や人間ドックの胸部レントゲンで異常を指摘されたなどの場合も、受診当日に胸部CTにて検査・診察が可能です。

当科で診療している呼吸器科疾患

当院呼吸器科では肺気腫、慢性気管支炎等のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支喘息、気管支拡張症、肺結核後遺症、慢性呼吸不全、呼吸器感染症(気管支炎、肺炎、肺結核、非結核性抗酸菌症、胸膜炎、膿胸、その他)の診断・治療。
また肺腫瘍、サルコイドーシス、間質性肺炎等の治療後の経過観察などを行っています。

診療方針

呼吸器疾患全体の窓口として、外来では血液・尿検査、胸部レントゲン、CTなどの画像検査、喀痰検査、肺活量等の呼吸機能検査を行い、必要に応じて当院外来または入院にて精査・治療を行います。当院では対応できない検査や治療が必要な場合には昭和大学病院等の特定機能病院と連携して診療を行っていきます。
そのような場合にも、特定機能病院にて必要な検査や治療が終了後は、また当院にて検査や治療を継続していくことも可能です。

医療機関の皆様へ

気管支喘息やCOPD、慢性呼吸不全、慢性咳嗽、その他の呼吸器疾患で診断・治療が困難な場合はご紹介お願いします。
また気管支喘息発作や急性呼吸不全、慢性呼吸不全急性増悪等の場合は呼吸器科以外にも内科外来、救急外来にて可能な限り対応させていただきます。