文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

地域包括ケア病棟

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

地域包括ケア病棟とは

急性期治療が終了し症状や病状が安定した方が、安心して地域の暮らしに戻れるよう、在宅復帰支援やリハビリを行う病棟です。
また、在宅療養されている方が、今後も継続して地域で生活していくために、介護者サポートやリハビリを行うためにご入院いただく病棟です。

当院地域包括ケア病棟の特色

  • 当院急性期病棟からの転棟の場合、主治医が退院まで治療継続し体調管理を行います。
  • 病棟専属療法士(リハビリスタッフ)を施設基準(1名)以上の5名を配置し、充実したリハビリ体制をとっています。
  • 在宅での暮らしを長く継続できるようにリハビリ入院を取り入れています。
  • 治療の環境から日常生活への移行に向けて、週3回レクリエーションを開催しています。

入院までの流れ

地域包括ケア病棟 入院までの流れ

 

対象となる方

急性期治療後、リハビリや退院支援が必要な方

退院に向け、身体機能・能力の改善を目指します。また自宅療養に必要なサービスを調整し、ケアマネジャー等と合同カンファレンスを行います。退院前にリハビリスタッフや看護スタッフが、自宅の生活環境を整えたり介助方法のアドバイスの為、自宅に伺う事もあります。

自宅での生活を続けるために日常生活動作の維持・改善を望まれる方

身体機能・能力評価から動作練習を行い、必要な福祉用具や介助方法などの提案をいたします。

自宅療養中で食事が飲み込みにくくなり心配な方

摂食嚥下機能評価を行い、安全で飲み込みに適した工夫を提案いたします。

介護者の事情等で一時的に療養場所が必要な方(在宅サポート入院)

介護者の体調や急な冠婚葬祭等の事情で一時的に自宅介護が困難な状況となった際にご利用いただけます。
原則、医療的ケアが必要な方が対象となります。

主治医について

地域包括ケア病棟に直接ご入院の場合 病棟担当医師が主治医となります。
院内急性期病棟から転棟された場合 入院時からの主治医が継続して診療します。