文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

外科の特徴と方針

受診から診断まで迅速な対応を最重視しています

提携している病院・施設と連携し、高齢者の方にも数多く受診、治療を受けて頂いています。
検査や診断まで、病状に応じて、迅速かつ柔軟に対応し、お待たせしないようにしています(緊急検査や入院にも対応している)。日帰り手術もおこなっており、なかなか時間の取れない患者様にもおすすめしています。

入院・手術については、皆様のご希望にも配慮します

診断後は患者様やご家族様のご希望に十分配慮した、入院の日程を調整しています。
入院後、1日でも早く手術をうけていただき、患者様の不安がすくなくなるようにしています。
手術では、患者様にとって、低侵襲の鏡視下手術をまずは第一選択とし、いたみや創がもっとも少ないよう配慮しています。患者様の病状に応じて、QOLを重視した手術も提案させていただいております。診断・検査目的の手術も対応しています。

入院中も安心感のある医療を提供します

入院後は患者様おひとりおひとりの病状にあわせ、十分に余裕のある入院期間を提供しています。
医師/看護師/薬剤師/リハビリ/栄養師によるチーム医療をおこない、患者様にとって安心感のある医療をおこないます。充実したリハビリスタッフにより、ご高齢の方にも、術後退院まで間、無理なく体力や筋力の回復が期待できます。
化学療法や緩和医療も指針に基づき、エビデンスに立脚した治療をおこないます。

退院後も確実なフォローをいたします

退院後はきめの細かい、フォローアップに心がけています。
ご紹介させていただいた先生や施設とも連携し、患者様に受診が必要な場合は、いち早く対応いたします。

診療内容

上部消化管疾患

胃がん、胃十二指腸潰瘍などの診断・治療を行っています。

胃がんの治療:患者様の全身状態と進行度に応じて最良と思われる治療を行います。早期胃がんに対しては、消化器内科医と連携しEMR/ESDなどの内視鏡的切除の可否を検討します。外科手術が必要な患者さんでは、腹腔鏡下胃切除、腹腔鏡下胃全摘、機能温存手術(噴門側胃切除、幽門保存胃切除)及び縮小手術を病変の大きさ・組織型などに応じて選択しています。
進行がんに対しては、定型手術を基本とし、術前術後化学療法を含めた集学的治療も行なっております。

下部消化管疾患

大腸(結腸・直腸)・肛門に関わるすべての外科的疾患を扱っており、大腸がん、大腸ポリープ、痔核、痔瘻、炎症性腸疾患、腸閉塞、排便障害などが主な診療対象です。外科手術のほかに、大腸内視鏡検査・内視鏡的手術(ポリープ切除)は消化器内科と一緒に年間約2000件を行っております。

大腸がん(結腸がん・直腸がん)に対する外科手術では、基本的には腹腔鏡下手術をお勧めしております。大腸がんに対する腹腔鏡下手術では、従来の開腹手術同様に主病巣切除ならびに系統的リンパ節郭清を行うことによって、がんの根治性を低下させずに患者さんの負担を軽減し術後合併症を減らせることがわかっております。また進行度に応じて術後化学療法を行っています。大腸癌検診で便潜血陽性を指摘された場合は遠慮なく外科・消化器科を受診してください。
直腸の早期がんに対しては、経肛門的な手術(TAMIS (Trans-anal minimal invasive surgery)も含む)も積極的に取り組んでおります。


標準手術の術創

腹腔鏡下手術の術創

腹痛、腹部腫瘤(お腹にしこりを触れる)、腹部膨満感(お腹が張る、ガスが出ない)・嘔気・嘔吐(気持ち悪い、吐く)、下血(便が赤い、便に血が付く、血が肛門から垂れる、肛門を拭いた紙に血が付く)、便通異常(便秘、下痢、残便感がある、便が細い)、貧血、肛門部症状(肛門痛、痒い、膿が出る、いぼを触れる、肛門のそばが膨らんで痛い)など何でもご相談ください。
人工肛門のトラブル(管理困難、腸の脱出、出血、変形)に関しては、ストマに関する認定看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師)と協力し診察いたします。

一般外科疾患

鼠径ヘルニア、胆石症、肛門疾患などの診断・治療を行っています。詳しくは外来担当医にご相談ください。

鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアは足の付け根あたりから腸などの腹腔内のものが外に脱出してくる疾患で、「脱腸」とも呼ばれることがあります。自然に治ることはなく、時には腸が飛び出して戻らなくなることもあり(嵌頓と言います)、手術による治療が必要です。
当院では、患者さんや疾患の状況に応じて、体表から、或いは腹腔鏡下に内側から、修復を行っております。個人差はありますが、ほとんどの場合、術後2~3日で退院となっています。また、鼠径ヘルニア以外の腹壁ヘルニア(臍ヘルニアなど)の治療も行っています。
胆石症
症状のない方もたくさんいらっしゃいますが、食後の痛みがある方や、胆のう炎や総胆管結石などの合併症を併発した方は手術による治療が勧められます。また、胆のうポリープなども精査の上で必要に応じた治療を行っています。
多くのケースで腹腔鏡下手術で対応しています。
肛門疾患
内痔核・外痔核、痔瘻・肛門周囲膿瘍、直腸脱などの診断・治療を行っています。脱出を伴う内痔核にはジオン注療法(注射による硬化療法で、切らない手術です)も行っています。
直腸脱に対しては経肛門的手術と腹腔鏡下手術を状況に応じて行っています。
腹部救急疾患
様々な疾患に起因する急性腹症、消化管出血(吐血、下血)などの診断・治療を行っています。急性虫垂炎や消化管穿孔に対する緊急手術や、消化器内科と連携して消化管出血に対する緊急内視鏡検査・止血処置などに対応しています。

業績

表彰

  • 齊藤修治 SAGES(米国内視鏡外科学会)2015 Gerald Marks Rectal Cancer Award 受賞

  • 齊藤修治 SAGES(米国内視鏡外科学会)2015 Best international Abstract 受賞

  • 大塚 亮 平成28年度 東京女子医科大学第二外科 同門会賞 受賞

論文

  • Prospective study of patient satisfaction and postoperative quality of life after laparoscopic colectomy in Japan. Sumio Matsumoto, Seiji Bito, Shoichi Fujii, Masashi Inomata, Yoshihisa Saida, Kohei Murata, Shuji Saito. Asian J Endosc Surg. 2016;9:186-191

  • A prospective multicenter study on self-expandable metallic stents as a bridge to surgery for malignant colorectal obstruction in Japan: efficacy and safety in 312 patients. Shuji Saito, S Yoshida, H Isayama, et al. Surgical Endoscopy, 2016 Sep;30(9):3976-86

  • Male sexual dysfunction after rectal cancer surgery: Results of a randomized trial comparing mesorectal excision with and without lateral lymph node dissection for patients with lower rectal cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0212. Shuji Saito, S Fujita, J Mizusawa, et al. European Journal of Surgical Oncology. 2016 July 30. 2016 Dec; 42(12):1851-1858

  • Survival outcomes following laparoscopic versus open D3 dissection for stage II or III colon cancer (JCOG0404): a phase 3, randomised controlled trial. Seigo Kitano, Masafumi Inomata, Junki Mizusawa, Hiroshi Katayama, Masahiko Watanabe, Seiichiro Yamamoto, Masaaki Ito, Shuji Saito, et.al. The Lancet Gastroenterology & Hepatology. Published online February 1, 2017

  • Laparoscopic versus open resection for transverse and descending colon cancer: Short-term and long-term outcomes of a multicenter retrospective study of 1830 patients. Yamaguchi S, Tashiro J, Araki R, Okuda J, Hanai T, Otsuka K, Saito S, Watanabe M, Sugihara K. Asian J Endosc Surg. 2017 Apr 7. doi: 10.1111/ases.12373. [Epub ahead of print]

  • 放射線腸炎に合併した梅の種子による食餌性腸閉塞の1例.大塚 亮、齊藤修治、髙石 瞳、齋藤元伸、平山亮一、三浦康誠.日本外科系連合学会雑誌 2016;1(5):775-780

  • 経瘻孔的処置を併用し胃瘻バンパー部遺残を内視鏡的に回収した1例.大塚 亮、齊藤修治、平山亮一、桑本信綱、三浦康誠、進藤幸人、髙石 瞳、藤田力也.Progress of Digestive Endoscopy 2016;89(1):92-93

  • 狭窄を伴う下部直腸癌に対し術前処置(Bridge to Surgery)目的に大腸ステントを工夫して留置した1 例.大塚 亮、齊藤修治、平山亮一、三浦康誠、髙石 瞳.日本大腸肛門病会誌 2017; 70(6):435-439

  • 異時性卵巣転移切除後, 5 年生存中の直腸癌の1 例.佐々木一憲、高橋知秀、齊藤修治.日本大腸肛門病会誌 2017; 70(6):411-416

講演

  • 齊藤修治、第91回日本消化器内視鏡学会総会・センチュリーメディカル株式会社共催ランチョンセミナー7、大腸ステントの先にあるもの、-大腸ステントを用いた術前口側腸間検索の意義-、Bridge to Surgeryのこれまでとこれから、2016/5/13、東京

  • 齊藤修治、第71回日本消化器外科学会総会・センチュリーメディカル株式会社共催ランチョンセミナー6、大腸ステントにより外科医にもたらされるメリット、Bridge to Surgery目的 大腸ステントの本邦治療成績、2016/7/14、徳島

  • 齊藤修治、大腸ステント安全手技セミナー in 長野、大腸ステントの日本からのエビデンスとステント挿入の実際~安心してください。破れませんよ。大腸ステント~、2016/8/5、長野第一ホテル

  • 齊藤修治、第5回川崎直腸がん治療懇話会(KRTC)、大腸癌術後補助化学療法~最新の臨床試験を踏まえて~、2016/9/16、川崎日航ホテル

  • 齊藤修治、第53回日本腹部救急医学会総会、ミニレクチャー 大腸ステント:世界と日本の現状、2017/3/3、横浜

  • 齊藤修治、第72回日本消化器外科学会、ランチョンセミナー BTS目的大腸ステント治療 ―本邦での治療成績と治療の実際―、2017/7/22、金沢

  • 齊藤修治、第3回SWOC創傷カンファレンス in 神奈川、人工肛門閉鎖術におけるVAC療法の実際、2017/8/5、横浜

  • 大塚 亮、第9回横浜市北部緩和ケアチーム研究会、外科と緩和とサイコオンコロジー ~当院のがん疼痛治療における症例を交えて~、2016/7/27、昭和大学横浜市北部病院講堂

  • 平山亮一、みんなの健康講座、脱腸~意外と多い脱腸、もしかすると・・・~、2017/1/21、十日市場地区センター

  • 三浦康誠、みんなの健康講座、おしりのトラブルで お悩みの方へ」、2017/5/20、十日市場地区センター

発表

  • 齊藤修治、髙石 瞳、平山亮一、大塚 亮.第71回日本消化器外科学会総会、Bridge to Surgery目的に大腸ステントを留置した閉塞性大腸がん症例の治療成績、2016/7/14、徳島

  • 齊藤修治、髙石 瞳、進藤幸人、福田慎一郎、片岡涼子、三浦康誠、桑本信綱、平山亮一、大塚 亮、藤田力也.第71回日本大腸肛門病学会、腹腔鏡下低位前方切除術での直腸切離の工夫、2016/11/18、伊勢

  • 齊藤修治、高石 瞳、三浦康誠、平山亮一、大塚 亮、第29回日本消化器内視鏡学会、進行左側横行結腸・下行結腸癌に対する定形化された腹腔鏡下手術、2016/12/8、横浜

  • Shuji Saito, Masafumi Inomata, Hiroshi Katayama, Masashi Wakabayashi, Tomonori Akagi, Kentaro Nakajima, Seiichiro Yamamoto, Masaaki Ito, Yusuke Kinugasa, Shoichi Fujii, Fumio Konishi, Yoshihisa Saida, Masahiko Watanabe, Yasuhiro Shimada, Yoshihiro Moriya, Seigo Kitano. SAGES (Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons) 2017, IDENTIFICATION OF PATIENT SUBGROUPS ASSOCIATED WITH UNFAVORABLE LONG-TERM OUTCOME IN THE LAPAROSCOPIC SURGERY FOR COLON CANCER COMPARED WITH OPEN SURGERY: SUBANALYSIS OF A RCT COMPARING OPEN AND LAPAROSCOPIC SURGERY FOR COLON CANCER (JCOG0404), 2013/4/21-25, Houston, TX, USA

  • 齊藤修治.第9回緑区医師会医学会、大腸癌に対する腹腔鏡下手術について、2017/6/17、新横浜

  • 大塚 亮、齊藤修治、平山亮一、髙石 瞳、田内 優、桑本信綱、片岡涼子、福田慎一郎、進藤幸人.第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会、胃瘻カテーテルのバンパー部遺残に対して経瘻孔的処置を併用し内視鏡的に回収した1例.2016/6/12、東京

  • 大塚 亮、齊藤修治、髙石 瞳、平山亮一.第71回日本消化器外科学会総会、当院における直腸脱治療:Delorme法と直腸固定術、2016/7/15、徳島

  • 大塚 亮、齊藤修治、平山亮一、三浦康誠、高石 瞳.第29回日本消化器内視鏡学会、高度狭窄を伴う下部直腸癌に対し大腸ステント挿入後に腹腔鏡下低位前方切除術を行った一例、2016/12/8、横浜

  • 大塚 亮、齊藤修治、平山亮一、三浦康誠、髙石 瞳、桑本信綱、片岡涼子、福田慎一郎、進藤幸人、藤田力也.第86回大腸癌研究会、狭窄を伴う下部直腸癌に対し大腸ステントを工夫して挿入し腹腔鏡下低位前方切除術を行った1例、2017/1/20、盛岡

  • 大塚 亮齊藤修治平山亮一三浦康誠、髙石 瞳、桑本信綱、片岡涼子、福田慎一郎、進藤幸人、藤田力也.第39回日本癌局所療法研究会、当院における閉塞性大腸癌に対するBTS目的の大腸ステント症例13例の検討、2017.6.23、京都

  • 平山亮一、高石 瞳、進藤幸人、片岡涼子、福田慎一郎、桑本信綱、大塚 亮、田内 優、齊藤修治、藤田力也.第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会、閉塞性大腸癌を2か所に認めた大腸癌イレウスに対して、一期的に2か所大腸ステントを挿入した1例.2016/6/12、東京

  • 平山亮一、高石 瞳、進藤幸人、片岡涼子、三浦康誠、福田慎一郎、桑本信綱、大塚 亮、齊藤修治、小田瑞彦、藤田力也.第7回セコム提携病院 消化器内視鏡研究会、当院における大腸ステント治療、2016/7/30、札幌

  • 平山亮一、齊藤修治、高石 瞳、進藤幸人、片岡涼子、福田慎一郎、三浦康誠、桑本信綱、大塚 亮、藤田力也.第5回大腸ステント安全手技研究会、閉塞性大腸癌を2か所に認めた大腸癌イレウスに対して、一期的に2か所大腸ステントを挿入した1例、2016/11/04、神戸

  • 平山亮一、高石 瞳、三浦康誠、大塚 亮、齊藤修治.第29回日本消化器内視鏡学会、BTS目的に大腸ステント留置した閉塞性大腸癌症例に対して腹腔鏡下手術を行った6例の検討、2016/12/10、横浜

  • 三浦康誠、筋師健、髙坂佳宏.第41回日本外科系連合学会学術集会、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術後の腹膜欠損部に腸管が嵌入した1例.2016/6/16、大阪

  • 三浦康誠、髙石 瞳、平山亮一、大塚 亮、齊藤修治.第78回日本臨床外科学会総会、一般口演、腸間膜嚢胞捻転の1例.2016/11/24、東京

  • 髙石 瞳、齊藤修治、大塚 亮、平山亮一、三浦康誠、桑本信綱、片岡涼子、 福田慎一郎、進藤幸人、藤田力也.第5回大腸ステント安全手技研究会、切除不能肝転移を伴う閉塞性S状結腸癌に対し大腸ステント留置後に安全に mFOLFOX6+Pmabを投与し得た1例、2016/11/04、神戸

  • 髙石 瞳、進藤幸人、福田慎一郎、三浦康誠、桑本信綱、平山亮一、大塚 亮、齊藤修治、藤田力也.第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会、切除不能肝転移を伴う閉塞性S状結腸癌に対し大腸ステント留置後に安全に 全身化学療法を投与し得た1例、2016/12/17、東京

  • 髙石 瞳、齊藤修治、大塚 亮、平山亮一、三浦康誠.第29回第二外科臨床医学研究会、繰りか返すS状結腸軸捻転症に対する低侵襲治療としての待機的腹腔鏡補助下S状結腸切除術の検討. 2017.2.25、東京

  • 宮島綾子、八代享、八田一葉、藤田俊広、山根貴夫、曽我直弘、亀岡信悟.第42回日本外科系連合学会学術集会、バセドウ病の診断で治療されていた過機能性甲状腺結節(プランマー病)の1例. 2017.6.29、徳島

共同演者

  • Toshio Kuwai, Shuntaro Yoshida, Takeaki Matsuzawa, Tomonori Yamada, Shuji Saito, Masafumi Tomita , Koichi Koizumi, Nobuto Hirata, Shunsuke Saito, Tatsuya Osuga, Nobuya Obana, Atsushi Yamauchi, Hiroaki Naota, Shigeru Yamagishi, Kohei Takayasu, Toshiyuki Enomoto, Yoshihisa Saida Y. Digestive Disease Week 2016, A Prospective, Multicenter Study of Palliative Colonic Stenting for Malignant Colorectal Obstruction in Japan: Long-Term Efficacy and Safety in 200 Patients. 2016/5/21, San Diego, USA

  • Mamoru Shimada, Toshio Kuwai, Akibumi, Kanazawa, Shuntaro Yoshida, Hiroyuki Isayama, Takeaki Matsuzawa, Tomonori Yamada, Shuji Saito, Nobuto Hirata, Takashi Sasaki, Koichi Koizumi; Kenji, Tominaga; Iruru Maetani, Yoshihisa Saida. EVALUATION OF CLINICAL FACTORS ASSOCIATED WITH THE TECHNICAL DIFFICULTY OF SELF-EXPANDABLE METALLIC STENT PLACEMENT FOR MALIGNANT COLONIC OBSTRUCTION, 2016/10/18 Vienna, Austria

  • 高安甲平、冨田雅史、齊藤修治、ほか.第78回日本臨床外科学会総会、2種類の大腸ステント全国前向き多施設安全性観察研究統合分析:術前処置(BTS: bridge to surgery)424例の検討、2016/11/24、東京

  • 進藤幸人、桑本信綱、福田慎一郎、片岡涼子、藤田力也、髙石瞳、三浦康誠、平山亮一、大塚亮、齊藤修治.日本消化器病学会関東支部第342回例会、TS-1 + CDDP療法によりconversion therapyが可能となった多発肝転移を伴った胃癌の1例、2016/12/3、東京

  • Masafumi Tomita, Shuji Saito, Shinichiro Makimoto, Shuntaro Yoshida, Hiroyuki Isayama, Tomonori Yamada, Takeaki Matsuzawa, Toshiyuki Enomoto, Kyo Rika, Kuwai Toshio, Nobuto Hirata, Mamoru Shimada, Tomio Hirakawa, Koichi Koizumi, Yoshihisa Saida. SAGES (Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons) 2017, SELF-EXPANDABLE METALLIC STENTS AS A BRIDGE TO SURGERY FOR MALIGNANT COLORECTAL OBSTRUCTION: POOLED ANALYSIS OF 424 PATIENTS IN TWO PROSPECTIVE MULTICENTER TRIALS, 2013/4/22, Houston, TX, USA

  • Kuwai Toshio, Kyo Rika, Shuntaro Yoshida, Hiroyuki Isayama, Tomonori Yamada, Tomonori Yamada, Iruru Maetani, Yorinobu Shimada, Masafumi Tomita, Takeaki Matsuzawa, Rintaro Moroi, Yoshinori Kushiyama, Hiro-o Matsushita, Shuji Saito, Tomio Hirakawa, Yoshihisa Saida. DDW2017, A Prospective, Multicenter Study of Palliative Colonic Stenting for Malignant Colorectal Obstruction in Japan: Long-Term Efficacy and Safety in 87 Patients, 2017/5/6, Chicago, Il, USA

  • 桑本信綱、齊藤修治、髙石 瞳、進藤幸人、福田慎一郎、片岡涼子、三浦康誠平山亮一大塚亮、藤田力也.第93回日本消化器内視鏡学会総会、腸管洗浄液モビプレップの75歳以上高齢者における患者受容性腸管洗浄効果の検討.2017.5.11、大阪

  • 進藤幸人、桑本信綱、福田慎一郎、片岡涼子、髙石 瞳、三浦康誠平山亮一大塚 亮齊藤修治、藤田力也.第39回日本癌局所療法研究会、S-1+CDDP療法によりConversion therapyが可能となった多発肝転移を伴った胃癌の1例、2017.6.23、京都

  • 髙石 瞳、齊藤修治大塚 亮平山亮一三浦康誠.第42回日本外科系連合学会学術集会、子宮広間膜裂肛ヘルニア嵌頓によるイレウスに対し腹腔鏡下手術を施行した2例. 2017.6.29、徳島

座長

  • 齊藤修治、第7回セコム提携病院 消化器内視鏡研究会、特別講演「SAGES Fundamental Use of Surgical Energy (FUSE)プログラムに学ぶ目から鱗!電気メスの基礎と有害事象の発生メカニズム」〔演者〕渡邊祐介 先生、2016/7/30、札幌

  • 齊藤修治、横浜北部消化器病研究会、Session2「大腸腫瘍の内視鏡観察と治療のコツ~通常の内視鏡観察時に留意すべき点~」〔演者〕工藤進英 先生、2016/9/28、青葉区医師会館

  • 齊藤修治、第71回日本大腸肛門病学会、一般演題(ポスター)63 大腸腫瘍 その他5、2016/11/18、伊勢

  • 齊藤修治、第78回日本臨床外科学会総会、要望演題口演、大腸癌イレウスに対するステントの功罪2、2016/11/24、東京

  • 齊藤修治、第188回横浜北部消化器病研究会、特別講演「下部消化管領域における診断と治療」〔演者〕黒木優一郎 先生、2016/11/30、青葉区医師会館

  • 齊藤修治、第29回日本消化器内視鏡学会、一般演題 大腸 その他、2016/12/10、横浜

当番世話人

  • 齊藤修治、第27回神奈川消化器内視鏡外科研究会 実技講習会、2016/7/23、J & J 東京サイエンスセンター

  • 齊藤修治、石塚直樹.第7回セコム提携病院 消化器内視鏡研究会、2016/7/30、札幌

  • 齊藤修治、第5回大腸ステント安全手技研究会、2016/11/3、神戸

 

過去の業績