文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

12番目の臓器

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

皮膚科受診案内

皮膚は内臓の鏡

内臓全体を総称して五臓六腑といいますが、皮膚はその次にくる12番目の臓器といわれています。人間を包み守ってくれている大切な臓器なのです。また、身体の内部の病気が皮膚の変化としてあらわれることもあり、皮膚は内臓の鏡ともいわれます。

皮膚の病気

皮膚の病気には、湿疹や紅斑(こうはん)、感染症、腫瘍、外傷(やけど)皮膚科とは、皮膚や皮膚の付属器である爪や毛の病気を診療、治療するところです。

皮膚の病気には、湿疹や紅斑(こうはん)、感染症、腫瘍、外傷(やけどなど)があります。

外来診療

外来は常勤医一人、非常勤医一人(水曜日午前)でおこなっています。

診療は、月〜土の午前、月(ただし、第1第3火曜日の午後は、入院患者様の褥瘡(じょくそう)回診があるため外来は診療していません)、火、水、木の午後になります。

ダーモスコピー DermLite_II_PRO外来では通常の血液検査などのほか、腫瘍などをよく観察するためのダーモスコピー(※)や、必要に応じて皮膚生検 (病変部の一部を切り取って病理検査をする)も行っています。外来でできる簡単な小手術も行います。

(※)ダーモスコピー
皮膚の腫瘍やホクロなどの病変部をみる時に、特殊な拡大鏡で詳細に観察する検査

入院

入院加療が必要な場合は入院していただくこともあります。主に感染症(蜂窩織炎:ほうかしきえん、帯状疱疹:たいじょうほうしん)が対象となります。

常勤医一人のため、重症の場合(重症薬疹、重症感染症、広範囲熱傷など)は大学病院などにご紹介させていただいております。また、他科で入院中でも、入院の原因となった疾患に関連した皮膚疾患など主治医より依頼があった場合、診察させていただくこともあります。

皮膚を大切に

地域に根ざしたあたたかい診療をこころがけています。不安なことはそのままにせず、診察に来ていただけたらと思っております。みなさん、皮膚を大切にしましょう。

皮膚科 副部長 松岡 百合子
日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

皮膚科 ご連絡先

  • 診察日は外来担当医表でご確認ください。
  • 初診の際は、お電話でご確認ください。
  • TEL:045-984-2400(代)