文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

医師の紹介

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

担当医

 
医師名
脳神経センター長
部長

岸 博久

2015年1月16日より常勤医として勤務しています。小中学校は、中山小、中学校を卒業しました。東京慈恵会医科大学卒業後は、同大学にて脳神経外科領域を一通り学ばせていただきました。最近では、物忘れの患者さんも診せて頂いています。地元の病院で地域のニーズに合った医療を誠心誠意行っていきたいと思っています。これからは、予防医学の時代です。こんなことで脳神経外科へ受診してもいいのかな??と迷っている方もお気軽にご来院ください。きっと、安心満足して帰っていただけると確信しています。大学の教訓である『病気を診ずして病人を診よ』を心に刻み、日々の診療をさせていただきます。宜しくお願いいたします。

資格:
日本脳神経外科学会専門医
部長
小菊 実

脳卒中を含め脳神経外科手術全般を担当いたしますが、専門は脳腫瘍治療です。当院非常勤医師で日本医科大学教授の高橋弘先生とともに、最新の脳腫瘍治療を心がけています。脳神経外科の疾患は脳卒中(くも膜下出血・脳出血・脳梗塞)、頭部外傷、脳腫瘍、てんかん、頭痛など多岐にわたります。患者さん一人一人を自分の家族のつもりで、少しでもお元気になられることをお手伝いしたいと思います。

当院脳神経外科は24時間脳外科医が院内に常駐する体制となりましたので、より重篤な疾患、緊急手術にも対応し、少しでも地域医療に貢献できればと思っております。さらには一般救急病院とちょっと趣が異なる点は、神経膠腫(グリオーマ)などの悪性脳腫瘍にも対応すべく、特殊なMRIや脳腫瘍に特化した手術支援機器も取り揃え、大学病院と同等の手術をより身近に、安全に提供すべく日々努力をしております。ご本人のみならずご家族様の脳腫瘍について、ちょっと話だけでも聞きたいなど、お気軽にご相談ください。

資格:
日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会 技術認定医
所属学会:
日本脳腫瘍の外科学会、日本神経内視鏡学会、日本脳卒中の外科学会

部長
野田 昌幸

2016年4月より脳神経外科に勤務することになりました。過去には主に脳血管障害、脳腫瘍を中心に診療して参りました。主に開頭手術をした患者さんの診療を行っていましたが、ここ4年間は脳血管内治療の診療に従事する機会も増え、脳血管内治療の専門医を取得いたしました。血管内治療と開頭手術にはそれぞれの利点や欠点がありますので、患者さんにとって有益な治療法を提供・選択していただけるよう、今後も地域医療に貢献していきたいと考えています。 よろしくお願いいたします。


資格:
日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管治療学会専門医
日本がん治療学会がん治療認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本神経内視鏡学会技術認定医
阿部 克智

2018年1月より脳神経外科に勤務させていただく事となりました阿部 克智と申します。横浜市出身で、北里大学卒業後は相模原市内・横浜市内の病院で脳卒中や外傷を主に経験を積んで参りました。 脳卒中も外傷も、予想もしない時に突然やって来ます。普段から注意していれば予防出来る事も沢山あります。もし発症(受傷)してしまっても、手術や内服治療、リハビリ等で回復する事も多くありますので、ご相談頂けると幸いです。どうぞよろしくお願いします。

小田 一徳

2018年4⽉より横浜新緑総合病院 脳神経センターに勤務させていただくことになりました。⼩⽥ ⼀徳と申します。私は⽇本医科⼤学を卒業後、北海道の⼿稲渓仁会病院で初期臨床研修を⾏い、⽇本医科⼤学脳神経外科へ⼊局し、脳神経外科医として研鑽を積んで参りました。診療においては脳神経外科疾患全般を診させていただきます。患者さんの声に⽿を傾け、良好なコニュニケーションを⼼がけ、少しでも地域の皆様に安⼼のできる医療を届けられるよう努めてまいります。脳や神経の病気について少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。どうぞ宣しくお願い申し上げます。

 

非常勤医師

脳神経センターご連絡先

  • 各医師の外来診察日は外来担当医表でご確認ください。
  • ご不明な点は、お電話でご確認ください。
  • TEL:045-984-2400(代)

非常勤医師のご紹介

月2回 水曜日診察 鶴巻温泉病院 院長 鈴木 龍太