文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

脳神経センター

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

ご挨拶

センター長のご挨拶

脳神経センター長・脳神経外科部長 岸 博久

当院は横浜市緑区に位置し、「横浜市二次救急拠点病院B指定」になっており、緑区のみならず旭区、瀬谷区、青葉区、大和市、町田市、相模原市、川崎市など広域の患者様の脳神経外科疾患の診療に精力的に取り組んでいます。
診療は、救急医療のみならず、近隣の病院や開業医の先生方からの紹介患者さんも積極的に受け入れ、適切な診断治療を行わせて頂いています。
診療に関しては、皆様が満足できるような高いレベルの内容を提供できるよう、当センターでは標準的な治療ができることを前提に、更に、治療のできない脳神経外科疾患は無いというところを目標に、脳神経センター職員全員が日々研鑽に励んでいます。

 

脳腫瘍の治療について

脳神経センター・脳神経外科部長 小菊 実

当院では、神経膠腫(グリオーマ)、髄膜腫、聴神経腫瘍などの脳腫瘍の治療にも力を入れております。脳腫瘍の治療では特殊な診断機器、手術支援機器が必須となりますが、当院では大学病院並みの治療機器(ニューロナビゲーション・5-ALA蛍光顕微鏡・神経モニタリング装置・神経内視鏡など)を横浜市北部地域の一般総合病院としては唯一導入しております。

また、脳腫瘍専門外来も開設し、脳腫瘍治療では第一人者の高橋 弘先生(日本医科大学 連携教授/当院非常勤医師)と常勤医の小菊が責任を持って治療にあたっております。
大学病院と同レベルの治療をより敷居低く」がモットーです。

当院での脳腫瘍治療に関するお問い合わせ:kogiku@nifty.com(メールでのお問合せに小菊が対応いたします)

脳腫瘍の具体的な内容を簡単にまとめております。→「病気の話(脳腫瘍編)」をご覧ください。(随時更新予定)

当院における脳血管治療(カテーテル治療)について

当院では、くも膜下出血の原因である未破裂脳動脈瘤や脳動静脈奇形、脳梗塞の原因となる頸動脈狭窄症に対しては開頭手術と脳血管内治療のそれぞれのメリット/リスクを天秤にかけ、安全性を最優先に患者様と十分に相談しながら治療方針を決定しています。

脳血管内治療(いわゆるカテーテル治療)に関しては、日本でもトップクラスの脳血管内治療件数を誇る東京慈恵会医科大学 脳血管内治療センター 准教授の石橋敏寛先生に御執刀いただき、大学病院と同等の精度でカテーテル手術を行っております。

当院のカテーテル治療に使用する血管内治療機器は2014年に新たに脳血管内治療センターを増設し最新のカテーテル診断治療機器を導入しております。

 

石橋准教授には当院にて毎週火曜日に血管内治療専門外来をご担当いただいております。

緊急性がある治療の相談は常勤脳外科医師の外来にて拝見いたします。

カテーテル治療に関するセカンドオピニオンも承っております。

他院で脳動脈瘤や血管奇形、頸動脈狭窄症などを指摘された方は画像と紹介状をお持ちになり、

地域連携室045-984-6216または、病院代表電話045-984-2400までご連絡ください。

〈当院の脳血管治療センター〉


脳神経センターの特徴

「脳卒中、脳血管障害」、「頭部外傷」は脳神経外科医全員が適切に対応しています。

1.「他院で治療困難といわれた脳血管障害(巨大脳動脈瘤など)」「頭蓋底腫瘍」

手術に際しては、各種バイパス手術や頭蓋底手術も可能な体制で適切な診療を心がけています。また、他院で治療困難といわれた脳血管疾患の方も積極的に受け入れています。

2.「脳腫瘍」

脳腫瘍チーム」が総力をあげて患者さまとご家族の満足の得られる治療を提供しています。良性腫瘍のみならず、悪性腫瘍に対しても当センターは豊富な経験があり、適切に対応させて頂いています。

 

脳神経外科疾患について

1.脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)

  • 国民病といわれる脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)に対しては、急性期治療から回復期リハビリテーションまでの一貫した診療を心がけています。また、脳卒中発症時には救急隊との「脳卒中ホットライン(救急隊と当院医師が携帯電話で直接話ができます。)」なども活用し、24時間365日(夜間・休日を問わず)診療しています。
  • 脳梗塞に対しては、t-PA静注療法(血栓を強力に溶かす注射薬)が常に行える体制で診療しています。その上で、頸動脈狭窄が原因の脳梗塞に対しては、頸動脈ステント留置術や頸動脈手術、脳内血管の狭窄が原因の脳梗塞に対しては、バイパス手術などをおこなっています。
  • 脳出血やくも膜下出血に対しては、外科的治療(開頭手術、脳血管内治療)を行っています。


「脳卒中の発症予防」も非常に大切です!!

  • 脳梗塞の発症予防に関しては、適切な内服薬治療に加え、生活習慣病(高血圧症、コレステロール高値、中性脂肪高値、糖尿病)の改善に努めています。
  • 脳内血管の狭窄・閉塞が原因で脳梗塞を発症する危険性の高い場合には、内服薬治療の他に、バイパス手術を行う場合があります。
  • 頸動脈狭窄が脳梗塞を起こす可能性がある場合には、内服薬治療と定期的な頸動脈エコーやMRI、CTなどの検査の他に、適応に準じて外科的治療(ステント留置術や頸動脈手術)を行っています。
  • くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤に関しては、適切な血圧管理と定期的な脳血管の検査(MRIやCT)を行い、外科治療を行う必要性がある場合には開頭手術や脳血管内治療などを行っています。

2.てんかん、けいれん発作

  • 脳神経疾患にかかられた患者様の中には、てんかんやけいれん発作を発症する方がいます。診断には脳波検査や頭部CT・MRIなどを行い、適切な内服薬治療が必要になりますが、十分な発作のコントロールがなされない事も多く、診療は実は非常に難しいものです。しかし、当院では豊富な経験があり、十分な診療が可能です。
  • また、けいれん発作の中には、新たな脳卒中が生じた場合や、脳腫瘍が原因のこともありますので、心配な方は当院を受診して頂ければ、適切に対応致します。

3.脳腫瘍

  • 名前を聞いただけでも怖くなってしまいますが、当院では良性から悪性までのすべての脳腫瘍に対する豊富な治療経験があります。治療機器に関しましても大学病院レベルの高度な機材が完備されています。特に悪性度の高い脳腫瘍は当院の得意とする領域で、診断・治療開始からその後も継続して当院で対応させて頂いています。当院では「脳腫瘍チーム」を結成し、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・メディカルソーシャルワーカー・管理栄養士で構成され、安心して治療に専念できる環境を提供しています。

その他、脳神経センターで治療可能な疾患として

4.頭部外傷

  • 慢性硬膜下血腫、急性硬膜下・硬膜外血腫、頭蓋骨骨折などに対する、内服薬治療、点滴治療、手術治療などを行い、必要に応じて回復期リハビリテーションも行っています。

5.顔面けいれん

  • 頭の中で、脳から出てきた顔面神経(顔の筋肉を動かす)に脳血管が接触していることが原因です。
  • 治療法には、内服薬治療、ボトックス治療(けいれんしている顔の筋肉を麻痺させる注射薬)、脳外科手術(顔面神経に接触している脳血管を神経から離す手術)などを行っています。

6.三叉神経痛(堪え難い顔面の痛み)

  • 頭の中で、脳から出てきた三叉神経(顔の感覚をつかさどる神経)に脳血管が接触していることが原因です
  • 治療法には、内服薬治療、脳外科手術(三叉神経に接触している脳血管を神経から離す手術)などを行っています。

脳神経センターの高度な診療機材

1)高性能多断層CT装置(造影剤を用いた検査)

脳血流の状態、小さな脳動脈瘤、頸動脈や脳血管の狭窄の程度がわかります。また、脳の血流検査も行えます。

2)高磁場MRI装置

拡散強調画像(Diffusion Weighted Image、DWI)では脳梗塞の病巣を早期に発見できます。当院での脳梗塞急性期の診断は、夜間・休日も含め基本的にMRIで行っており、t-PA静注療法も適切に行えます。

3)MRI特殊撮影

・トラクトグラフィー     
手足を動かす運動神経などが脳内のどこを通過しているかをみることができます。主に脳腫瘍の術前検査として行っており、合併症の無い脳腫瘍摘出術に心がけています。   
・MRS(MRスペクトロスコピー)     
細胞や組織の物質代謝などをみることで、脳腫瘍、脳膿瘍、脳虚血、変性疾患の診断に有効です。

4)ニューロナビゲーションシステム

手術の進行状況や、脳腫瘍と正常脳との位置関係を画面に映し、より安全な手術を支援する最新システムです。

5)ソノペット(超音波吸引装置)

脳腫瘍を超音波で粉砕し吸引除去する装置で、ニューロナビゲーションシステムと連動させることで脳腫瘍の摘出を安全確実に行えます。

6)術中超音波断層装置

脳腫瘍などの術中診断に有用です。

7)高性能手術用顕微鏡

通常の顕微鏡手術の他に、以下の薬剤を用いた手術にも対応しています。
・ICG(インドシアニングリーン)     
脳血管の手術(脳動脈瘤クリッピング、バイパス手術)の際に、血流のある脳血管を白く光らせる注射薬で、重要な脳血管を閉塞させないため、またバイパス血管の血液の流れを確認するために使用します。   
・5-ALA(5-アミノレブリン酸)     
特に悪性の脳腫瘍の細胞や組織を赤く光らせる薬剤で、脳腫瘍の摘出手術の際に使用します。この薬剤を用いることで、脳腫瘍の摘出率が飛躍的に向上し、その後の経過も比較的良好になっています。

8)脳血管内治療のための脳血管撮影装置

シーメンス社製の最新の脳血管撮影装置を設置しています。通常の脳血管撮影の他に、脳血管内治療(頸動脈ステント留置術、脳動脈瘤コイル塞栓術)も可能です。

9)脳神経外科手術中のモニタリング装置

各種脳神経(運動神経、顔面神経、聴神経など)の活動を手術中に持続的に検査し、術後の合併症を最小限にするために用います。

脳神経センターからのメッセージ

  • 脳神経外科医師を中心に、当センター職員全員が心がけていることです。まず第一に、標準的な診療レベルを維持しながらも、更にそれ以上の診療を 提供できるように日々努力しています。
  • また、脳神経疾患になられた患者さまには、満足して頂ける診断や治療を提供できる事はもちろんですが、落ち着いて入院生活ができることもとても大切なことですので、そのような環境作りに心がけています。スタッフは皆明るく、仕事熱心、勉強熱心で、一人一人が皆様に信頼される大人の医療人となる事を目標に日々努力しており、その上で全員でチーム医療に取り組んでいます。
  • 更に、他院で治療困難といわれた疾患に対しても、チーム全員が力を合わせて診療に取り組んでおり、その成果も出ています。

◎患者さま、および近隣の医療機関の先生方は、脳神経外科疾患でお困りの際には、一度当センター医師にご相談頂けましたら適切に対応させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。