文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

臨床工学科

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

臨床工学技士とは

近年、医用工学の発展により医療現場では、様々な医療機器が使用されるようになってきています。
医療機器を扱う業務に対する国家試験の必要性が高まり、1987年に臨床工学法が設立されました。
医療機器を専門的に扱うのが臨床工学技士です。
臨床工学技士は、医師の指示の下に、人の呼吸、循環または代謝の一部を代行し又は補助する生命維持管理装置の操作、及び保守点検を行います。

当科からひとこと

臨床工学技士作業のようす

当院の臨床工学技士の業務内容は以下のとおりです。
安心・安全に業務が行えるよう取り組んでいます。

業務内容
①医療機器管理業務:除細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプ 等
②人工呼吸器管理業務:人工呼吸器設置、使用中点検 等

③急性期血液浄化療法業務:CHDF、エンドトキシン吸着 等

④脳外科手術 術中モニタリング業務:MEP 等

⑤内視鏡室業務:検査準備、検査介助 等

⑥血管内治療室業務:心臓カテーテル検査・治療時ポリグラフ操作 等

平成27年度業務件数

 平成27年度
件数月平均
人工呼吸器 349 29
持続血液透析濾過 9 0,75
エンドトキシン吸着 6 0,5
白血球除去 11 0,9
腹水濾過濃縮再静注去 24 2

 

関連リンク