文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

手術について

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

手術について

当院整形外科は骨折などの外傷と人工関節置換術に力を入れています。
大学病院、専門病院並みの高度な医療を、患者様のご希望に応じた温かみのある治療計画で提供させて頂きます。

1.人工膝関節置換術

膝関節全部を置き換える全置換術と内側だけを変える半置換術があり、より体の負担が少ない半置換術を積極的に実施しています。

悪いところだけを置換するので術後の腫れや痛み、違和感が少なく、よく曲がります。手術翌日から痛み無く歩行され、術後5日で退院された患者様もおられます。

膝の外側が痛んでいたり、膝の中の靭帯が痛んでいる患者様には全置換術が適応となります。全置換術も膝の後方の靭帯を温存し、かつ筋肉を極力切らない手術手技を適応し、術後のより良い膝関節の機能を獲得していただいています。術後の膝が不安定にならないようバランスを整えることにより、痛くないだけでなく、歩きやすい膝になります。

足の筋力が弱い患者様には極力筋肉を切らない手術アプローチを採用しており、術後早期から安定して歩行できるよう配慮しています。術中、術後出血を抑え、術後の輸血はほとんどの患者様で不要となっております。

麻酔科の協力もあり、術後の鎮痛にも力を入れています。術後に強い痛みに耐えるということはありません。手術時間も90分程度と短く、正確に人工関節の設置を行っています。


[半置換術]


[全置換術]

2.人工股関節置換術

小さい傷で筋肉へのダメージをできるだけ減らして手術を行うMIS(最小侵襲外科)を行っており、手術時間も70分程度と短く、正確な設置を行っています。

術後出血も抑え、術前に貧血のない患者様なら輸血はほとんど不要です。よって自己血貯血も不要となっています。術後5日目で元気に歩いて退院された患者様もおられます。その患者さんは術後3日目に軽やかに階段昇降ができました。もともと車椅子レベルだった患者様も、時間はかかりますが、手術後は杖で元気に歩かれています。

患者様の体格に合わせて手術中に足の長さなどを調整できるシステムを採用しており、術後の違和感や脱臼リスクをできるだけ減らして、極力、行動を制限することなく元の生活に戻っていただきます。



【人工関節に関しては、以下のサイトもご参照ください】

<関節が痛い.com>

<人工関節ドットコム>

3.骨接合術

受傷後、できるだけ早期に適切な治療を実施しております。麻酔科や手術室の協力もあり、ほとんどの患者様が入院後数日で手術可能です。できるだけ体の負担が少ない手術を実施し、早期に関節を動かして歩行訓練を実施しています。入院期間やリハビリテーションの進め方は患者様やご家族の希望を考慮しています。

専門病院にありがちな、全員が「術後○日目で退院」という型にはまったメニューではなく、早く退院したい患者様はそれができるように、元々歩行に支障があり、筋力が落ちている患者様でしっかり安心してリハビリをしたい患者様にはややゆっくりしたメニューで治療方針を組んでいます。

4.高位脛骨切り術(HTO手術)

O脚変形のためにひざの内側(内側大腿-脛骨関節)に偏った荷重ストレスを、脛骨を切り、角度を強制することにより、比較的きれいな軟骨の存がする外側(外側大腿-脛骨関節)に移動させる手術です。足の形はO脚から軽度のX脚に変わります。患者様のひざ関節が温存できますので、術後も6割程度の方で正座が可能です。また、スポーツや肉体労働などへの復帰も可能です。一方で、骨が癒合するまでの間(2~3か月程度)多少の痛みが続くこと、機能回復にはリハビリをしっかり行うことが必要です。


[手術前]


[手術後]

高位脛骨切り術(Open Wedge HTO)の特徴

 【メリット】
  • 自分の関節は温存され、機能が維持されます。
  • 日常生活に制限はなく、スポーツ活動も可能となります。
  • 痛みは極めて良く改善されます。
  • 手術1週間後より歩行訓練を開始、3週間程度の入院で歩いて退院できます。
  • 消失した軟骨が再生する場合もあります。
  • 60%程度の方が手術後正座可能となります。
  • 侵襲(身体に及ぼす影響)が比較的少なく済みます。
 【デメリット】
  • 骨が癒合するまで痛みが多少続くことがあります。
  • 喫煙者や高度肥満者には向きません。
  • 機能回復にはリハビリをしっかりと行うことが必要です。


[手術前]


[手術後]