文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

脳腫瘍外来

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

ごあいさつ  脳神経センター 部長 小菊 実


脳神経センター
部長 小菊 実

平成22年5月より脳腫瘍専門外来を開設いたしました。

毎月第2土曜日午前中(完全予約制)
当院常勤医 脳神経センター 部長 小菊 実(日本脳神経外科学会認定専門医)
毎月第2・4土曜日午前中
春日居リハビリテーション病院(サイバーナイフセンター) 脳神経外科 高橋 弘 総院長(日本医科大学 連携教授)

※多くの患者様にご来院いただいており、脳腫瘍専門外来のみでは診療枠が不足してきましたため、         月曜日と金曜日と第4土曜日の小菊通常外来(午前中)でも拝見いたします。

遠慮なくご連絡ください。病院代表電話(045-984-2400)より外来予約をお取りできます。


当院では、脳腫瘍に関しては良性・悪性問わず診断、治療を行っており、脳腫瘍診断に特化した特殊なMRIや大学病院レベルの手術機械を揃えております。また術後の化学療法も積極的に行っております。特に、神経膠腫(グリオーマ)に関しては、治療の第一人者である高橋 弘先生(日本医科大学 連携教授)とともに、あきらめることなく最先端の治療を心がけております。ご本人様、ご家族様と治療方針については十二分に相談させていただき、できるだけ積極的な治療を行う方針としております。

また、他院で手術を受けた方のフォローアップも遠慮なくご相談ください。

脳腫瘍は手術のみ行って終了ではなく、その後、長期間の治療/フォローアップが必要な疾患であり、定期的な外来通院も必要です。できれば同じ医師が患者様と信頼関係を保つことが大切だと考えております。さらには経過中お具合に急な変化が生じることもあり、24時間365日脳神経外科医師が常駐している救急病院(当院は横浜市二次救急拠点病院に指定されています)であることも脳腫瘍患者様に対する責任の一つであると考えます。

当院は田園都市線と横浜線が利用できるため横浜市・大和市・町田市・相模原市(いずれも当院への救急車搬送がある地域です)の患者様には通いやすい病院です。

脳腫瘍の具体的な内容を簡単にまとめております。→「病気の話(脳腫瘍編)」をご覧ください。(随時更新予定)

脳腫瘍

脳腫瘍専門外来 化学療法 セカンドオピニオン

対象疾患は良性/悪性を問わず、脳腫瘍に関して診察いたします。 脳腫瘍に関して手術はもちろんのこと、外来での化学療法、セカンドオピニオンなども行っております。
受診の際には可能でしたら他院からのご紹介状、画像をご準備の上、電話で外来をご予約いただければ幸いです。

治療について  診療実績

平成27年実績で、神経膠腫(グリオーマ)・髄膜腫・聴神経腫瘍・転移性脳腫瘍などの開頭腫瘍摘出術および、脳腫瘍関連水頭症に対する神経内視鏡手術等を含めて31件の脳腫瘍手術を実施いたしました。

平成24年の脳腫瘍手術件数は週刊朝日「データでみる脳・心臓のいい病院1358」で紹介されました。詳しくはこちらをご覧ください。

症例により高橋教授も手術に参加していただいております。また、下垂体腫瘍(鞍上部腫瘍)に関しましては、経鼻的内視鏡的腫瘍摘出術も行っております。

主な対象疾患

当院における脳腫瘍に関する医療機器

  • ニューロナビゲーションシステム:メドトロニック社
  • SONOPET:超音波吸引装置
  • 術中超音波診断装置
  • 手術用顕微鏡:5-ALA蛍光対応機種
  • エスペラルース(顕微鏡のみでの5-ALA蛍光よりもより強く発光させるためのLED光源)
  • MRI:東芝社製1.5T
  • MRI 特殊撮影 /トラクトグラフィーも撮影可能です
  • CT:64列マルチスライス

診療のご案内

  • 診察日は外来担当医表でご確認ください。
  • 診療に関するお問い合わせは、下記までお電話ください。
  • TEL:045-984-2400(代)