文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

パーキンソン外来(神経内科)

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

当科からひとこと

パーキンソン病の症状改善、脳梗塞の再発予防などを含めた神経内科疾患全般を内科学の広い視野にたって診療するよう心がけております。

神経内科とは脳、脊髄、末梢神経(顔面や手足の神経、自律神経)、筋肉の病気を内科的に診療する科です。外来での対象疾患は次のような病気です。
神経変性疾患(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など)、その他(顔面神経麻痺、糖尿病性末梢神経障害、てんかん、頭痛など)

パーキンソン外来(神経内科)とは

次のような症状をお持ちの方が対象になります。

  1. 手足の動きが悪い、力が入らない、歩きにくい、手足・口などがふるえる、顔がぴくぴくする、ふらつく、しゃべりにくい、 物が二重に見える、瞼が上らない、けいれんする、失神する、手足がしびれる、顔がゆがむ、頭痛がする
  2. 精神的な症状、例えば不眠、神経がいらいらする、気分がさえない、不安感が強い、物忘れがひどいなどは当科の専門ではありませんので、お話しを伺った上で専門科へ紹介致します。
  3. 神経難病疾患認定、身体障害者(肢体不自由)認定の申請書類を作成します。

治療方針

パーキンソン病は症状改善のための内服療法(抗パーキンソン病薬)とリハビリテーションを行います。脳梗塞(後遺症)は再発予防と機能回復のための内服療法(抗血小板凝集抑制薬、抗凝固薬)とリハビリテーションを行い、さらに合併症 ( 高血圧、糖尿病、高脂血症 ) の内服療法と生活指導を行います。他の神経疾患も内服療法と、必要にてリハビリテーションを行います。

得意分野

神経内科疾患全般を診療していますが、当科外来には脳卒中、パーキンソン病、末梢神経障害の患者様が多く通われています。
日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本老年医学会専門医、日本内科学会専門医、アメリカ内科学会フェローですので、内科学の広い視野の上に立って神経内科疾患全般を診療するように心がけています。

矢崎 俊二(日本神経学会評議員、日本神経治療学会評議員、日本末梢神経学会評議員)

診療体制

医療機器・設備説明
MRI 脳血管障害、脳腫瘍、脊髄疾患、脱脊髄性病変などの検査を行います
CTスキャン 脳血管障害、脳腫瘍などの検査を行います
脳波 てんかん、意識障害などの検査を行います
症状対象疾患検査項目
手足の動きが悪い 脳梗塞 CT、MRI
力が入らない 脳出血 CT、MRI
歩きにくい 脳腫瘍 CT、MRI
多発性硬化症
脊髄炎
脊髄梗塞
脊髄腫瘍
ミトコンドリア脳筋症
筋萎縮性側索硬化症
筋炎
末梢神経障害  
手足がふるえる パーキンソン病 CT、MRI
パーキンソン舞踏症
本態性振戦
ふらつく 脊髄小脳変性症 CT、MRI
小脳梗塞
脳幹梗塞
椎骨脳底動脈循環不全
自律神経失調症  
しゃべりにくい 脳梗塞 CT、MRI
物が二重に見える 脳梗塞 CT、MRI
腕が上がらない 重度筋無力症  
けいれんする てんかん CT、MRI、脳波
失神する てんかん CT、MRI、脳波
脳梗塞
手足がしびれる 末梢神経障害 CT、MRI
脳梗塞
脊髄炎
多発性硬化症
頭痛 片頭痛 CT
緊振性頭痛 CT、頚椎X-P
めまいがする 脳梗塞 CT、MRI
聴神経腫瘍
自律神経失調症  

パーキンソン外来(神経内科)ご連絡先

  • 診察日は外来担当医表でご確認ください。
  • 初診の際は、お電話でご確認ください。
  • TEL:045-984-2400(代)