文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

病院情報

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

2019年度 横浜新緑総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 - 20 62 102 224 357 519 958 1067 396
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。
 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 134 28.53 20.84 20.15% 86.69  
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 41 19.71 17.71 2.44% 83.49  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 40 20.23 12.58 2.50% 80.10  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア1 24 24.75 13.48 4.17% 84.63  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 18 19.39 15.17 0.00% 85.22  
肺炎の治療に関しましては、高齢等による嚥下機能の低下が引き起こす誤嚥性肺炎、細菌・ウィルスの感染が原因となる市中感染肺炎に対し、抗生剤治療を行っております。
誤嚥性肺炎の平均年齢は高く、嚥下機能が改善するまで入院される方が多いため、平均在院日数が長くなっています。
嚥下機能の改善を目指し、当院では言語療法士が飲み込みの練習や食事の工夫、食べ方のアドバイス、ご家族への介助指導など今後の生活に向けての支援を行っております。

外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 76 4.83 4.85 0.00% 67.68  
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 41 2.27 2.63 0.00% 68.00  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 37 14.49 15.02 0.00% 71.27  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:6あり-副病:なし 35 4.23 4.40 0.00% 75.40  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 34 5.74 7.13 0.00% 61.44  
外科では上記に示された鼠径ヘルニア、結腸がん、大腸及び胆のうの良性疾患だけではなく、別項の「主要手術別患者件数」に示されたとおり、日本内視鏡外科学会技術認定医のもと、消化器がん全体に対しても、患者様の身体的負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に実施しております。
胆のうの良性疾患に対する腹腔鏡下胆のう摘出術では、細径鉗子の使用等により、従来より創が目立たない手術を行っております。
また、2019年度より乳腺専門医が入職し、乳がんに対する手術療法等も開始しております。

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 111 40.19 25.94 3.60% 83.88  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 39 32.64 19.04 0.00% 80.33  
160760xx97xxxx 前腕の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 31 6.29 5.54 0.00% 68.45  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 27 25.63 23.56 3.70% 76.19  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 20 29.15 20.93 0.00% 68.90  
患者数1位の「股関節大腿近位骨折」とは、主に大腿骨頚部骨折を指します。表示された「人工骨頭挿入術」の中には、人工骨頭挿入の他に髄内釘、スクリューによる固定も入っております。また、2015年度より関節治療をより充実化させる目的で「関節機能回復センター」を開設いたしました。
患者数4位の膝関節症に対する人工関節置換も多く実施しております。
術後復帰支援が必要な患者様には、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟において適切なリハビリテーションを提供し、退院後の生活指導も行っております。そのため、平均在院日数が少し長めとなっております。
患者数2位の「胸椎、腰椎以下骨折損傷」とは胸椎・腰椎の圧迫骨折です。コルセット装着後、リハビリテーションを実施いたします。
患者数3位の前腕の骨折だけではなく、四肢の骨折は全て手術・治療可能です。
また、2018年度より脊椎手術対応医師が2名に増え、患者数5位の脊柱管狭窄に対する手術をはじめ、多くの脊椎手術を行っております。

脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 118 32.72 16.13 4.24% 70.47  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 57 14.60 9.67 3.51% 77.91  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 37 3.70 3.01 0.00% 61.05  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 36 36.31 18.81 13.89% 67.17  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 35 11.57 7.34 8.57% 72.37  
当院の脳神経外科は、「脳神経センター」を開設し、脳卒中を代表とする脳血管障害、脳腫瘍、てんかん等様々な疾患に対応しています。当院における脳卒中患者の中で、一番多いのが脳梗塞です。患者数1位は入院時JCS(意識レベル)10未満の、エダラボンによる投薬治療の症例ですが、JCS10以上の重症例も多く受け入れています。
また、発症間もない患者様に対するステントを使用した血栓回収、t-PA治療も積極的に実施しています。
脳梗塞患者全体の中で、発症して3日以内の超急性期患者が97%を占めるデータが別項にて示されていますが、当院は急性期医療に力を入れるばかりではなく、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を有し、退院後の生活指導等も行っております。そのために平均在院日数が少し長めとなっております。
また、患者数2位・5位の頭部外傷患者の救急受け入れも多く行っております。

皮膚科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹-処置1:0-処置2:0-副病:0 - 6.83 9.00 0.00% 71.00  
080010xxxx0xxx 膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:0 - 10.00 12.55 0.00% 73.00  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 - -2.00 4.01 0.00% 82.00  
100100xx99x0xx 糖尿病足病変-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 15.00 21.67 0.00% 87.00  
160660xxxx0x1x 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創-処置1:なし-処置2:0-副病:あり - 9.00  19.49 0.00% 66.00  
皮膚科では幅広い皮膚疾患に対応しております。
「膿皮症」とは保険請求上の名称で、当院では主に蜂窩織炎を指し、抗生剤治療を行っております。
帯状疱疹に対してはアシクロビル(ゾビラックス)を中心とした投薬治療を行っております。
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 58 2.00 2.49 0.00% 71.72  
110070xx02020x 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 22 5.96 7.25 0.00% 67.73  
110420xx02xx0x 水腎症等-経尿道的尿管ステント留置術等-処置1:0-処置2:0-副病:なし 10 2.20 4.22 10.00% 70.70  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし - 7.75 12.58 0.00% 77.38  
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - 8.00 10.21 0.00% 81.00  
泌尿器科では、膀胱がんに対する切除手術、水腎症に対する尿管ステント挿入術、前立腺肥大症に対する切除手術等、経尿道的な内視鏡手術を中心に行っております。
また、患者数第1位の前立腺がんに対する生検をはじめ、多くの治療・手術・検査にはパスを適用し、患者様が早期に安心して退院できるように努めており、平均在院日数が短くなっております。
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。

婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 30 10.93 9.71 0.00% 49.30  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 30 8.73 8.65 0.00% 71.33  
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮内膜掻爬術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 26 1.04 2.56 0.00% 48.73  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮頸部(腟部)切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - 1.00 3.13 0.00% 42.75  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍-卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 - 9.00 6.21 0.00% 42.75  
「子宮の良性腫瘍」とは子宮筋腫・子宮腺筋症を指し、当院では開腹手術、膣式手術、腹腔鏡下手術全て実施しております。
「生殖器脱出症」とは高齢者に起きやすい子宮脱、膀胱脱、直腸脱、子宮全摘出後の膣脱を指します。手術ではメッシュを使用しない、従来法による安全で身体に優しい手術を行っております。
また、子宮内膜ポリープ切除術や子宮頸部円錐切除術等の日帰り手術をはじめ、手術にはパスを適用し、患者様が早期に安心して退院できるように努めております。
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。

消化器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-副病:なし 49 2.43 2.63 0.00% 70.10  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 42 9.10 9.79 0.00% 75.45  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 23 5.35 7.42 4.35% 65.96  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 15 7.73 7.65 0.00% 60.87  
060102xx02xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-小腸結腸内視鏡的止血術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 14 7.57 9.95 0.00% 74.86  
消化器内科では、患者数第1位の大腸ポリープ切除術をはじめ、消化器疾患に対する内視鏡的検査・手術を主に担当しております。
患者数2位の胆管結石、胆管炎で「限局性腹腔膿瘍手術等」と記されているのは保険請求上の名称で、内視鏡的結石除去術、胆道ステント挿入術等の内視鏡的手術を示すものです。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 13 - 10 22 - - 1 8
大腸癌 23 44 61 116 13 - 1 8
乳癌 22 15 - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 5 - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 23 8.70 50.65
中等症 73 22.32 78.15
重症 14 20.21 82.43
超重症 - 25.63 82.63
不明 - - -
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。

脳梗塞の患者数等 ファイルをダウンロード

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 368 41.77 76.10 9.26%
その他 10 39.40 70.30 0.53%
 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 7.00 7.33 0.00% 61.67  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 7.00 55.00 0.00% 84.33  
K0811 人工骨頭挿入術(股) - 2.50 36.00 0.00% 91.50  
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - 1.00 1.00 0.00% 63.50  
K617-2 大伏在静脈抜去術 - 1.00 2.00 0.00% 50.50  
ここに示されている「下肢静脈瘤手術」「大伏在静脈抜去術」以外の手術は、内科疾患にて入院中の患者様が併存症の治療のために行った手術であり、執刀は他科の医師が担当しております。
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。
 

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 61 1.00 2.69 0.00% 65.36  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 59 1.27 5.59 0.00% 67.02  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 57 4.37 12.95 0.00% 71.21  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 52 0.89 1.52 1.92% 71.13  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 33 1.27 2.27 0.00% 54.48  
 

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 82 3.28 36.92 2.44% 81.99  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 49 3.06 31.10 4.08% 83.71  
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 45 2.29 13.62 0.00% 66.20  
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 44 1.66 21.80 2.27% 73.23  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) etc. 19 1.00 1.90 0.00% 59.11  
 

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 0.76 18.69 2.04% 81.00  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 46 0.94 62.83 17.39% 74.67  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 24 5.83 38.46 50.00% 65.33  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 24 0.54 43.54 12.50% 66.13  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 16 3.13 80.31 68.75% 64.31  
 

皮膚科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - 0.00 1.00 0.00% 82.00  
               
               
               
               
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。
 

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 24 0.00 5.25 0.00% 68.71  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 0.00 1.58 8.33% 72.00  
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - 0.00 4.20 0.00% 62.60  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - 0.00 7.80 0.00% 76.40  
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - 0.00 6.00 0.00% 82.00  
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。
 

婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877 子宮全摘術 34 1.97 7.97 0.00% 51.29  
K861 子宮内膜掻爬術 26 0.00 0.04 0.00% 48.73  
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 25 2.00 6.36 0.00% 71.96  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - 0.00 0.00 0.00% 42.75  
K860 腟壁形成手術 - 2.00 2.60 0.00% 68.20  
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。
 

消化器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 52 1.98 2.19 0.00% 72.12  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 0.92 10.20 8.00% 79.60  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 16 0.50 5.81 0.00% 74.19  
K654 内視鏡的消化管止血術 14 0.86 9.29 0.00% 73.21  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 12 0.92 4.92 0.00% 68.42  
 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - 0.03%
異なる 24 0.65%
180010敗血症同一 - 0.24%
異なる 17 0.46%
180035その他の真菌感染症同一 - 0.11%
異なる - 0.05%
180040手術・処置等の合併症同一 12 0.32%
異なる - 0.03%
※症例数10件未満の患者数は厚生労働省の規約により表示しておりません。
 
 
【更新履歴】
[2020年9月26日] 2019年度 横浜新緑総合病院指標を公開いたしました。