文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

病院情報

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

平成28年度 横浜新緑総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 - 43 73 104 286 339 591 966 1011 358

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 159 30.23 21.25 25.16% 86.73  
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 47 25.77 17.95 6.38% 84.83  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし 39 16.85 12.43 5.13% 82.67  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 23 12.39 15.29 8.70% 82.43  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 22 4.32 3.06 0.00% 68.77  
肺炎の治療に関しましては、高齢等による嚥下機能の低下が引き起こす誤嚥性肺炎、細菌・ウィルスの感染が原因となる市中感染肺炎に対し、抗生剤治療を行っております。
誤嚥性肺炎の平均年齢は86.7歳と高く、嚥下機能が改善されるまで入院される方も多いため、平均在院日数も長くなっています。
嚥下機能の改善を目指し、当院では言語療法士が飲み込みの練習や食事の工夫、食べ方のアドバイス、ご家族への介助指導など今後の生活に向けての支援を行っております。
また、昨年度より循環器担当常勤医師が三人に増えたことにより、循環器疾患の患者数が増加しています。様々な症例に適切な治療を行っております。

外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 31 15.48 15.92 0.00% 71.58  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 30 6.47 6.82 0.00% 56.13  
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 27 4.93 5.60 0.00% 36.22  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 26 7.23 7.61 0.00% 58.77  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置2:6あり-副病:なし 20 3.55 4.48 0.00% 70.95  
外科では上記に示された結腸がん、胆のうの良性疾患、虫垂炎だけではなく、日本内視鏡外科学会技術認定医のもと、胃がん、直腸がんに対しても、患者様の身体的負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に実施しております。
腹腔鏡下胆のう摘出術では、細径鉗子の使用等により、従来より創が目立たない手術を行っております。
外科全体で他医療機関からの紹介患者も増加しており、特に大腸がんは患者数ばかりでなく、別項に示されたとおり、腹腔鏡下手術の件数も増えております。
今年度は常勤医師の増員に伴い、更なる患者数の増加が見込まれております。

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 116 40.38 27.63 4.31% 84.03  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 46 33.00 20.57 0.00% 80.46  
160760xx97xx0x 前腕の骨折-手術あり-副病:なし 31 5.26 5.49 0.00% 57.48  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 25 26.56 26.26 0.00% 73.76  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 21 32.81 24.42 0.00% 70.71  
患者数一位の「股関節大腿近位骨折」とは、主に大腿骨頚部骨折を指します。表示された「人工骨頭挿入術」の中には、人工骨頭挿入の他に髄内釘、スクリューによる固定も入っております。また、昨年度より関節治療をより充実化させる目的で「関節機能回復センター」を開設いたしました。
患者数四位、五位に示されているとおり、膝関節・股関節の人工関節置換も多く実施しております。
術後復帰支援が必要な患者様には、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟において適切なリハビリテーションを提供し、退院後の生活指導も行っております。そのため、平均在院日数も少し長めとなっております。
「胸椎、腰椎以下骨折損傷」とは胸椎・腰椎の圧迫骨折です。コルセット装着後、リハビリテーションを実施いたします。
患者数三位の前腕の骨折だけではなく、四肢の骨折は全て手術・治療可能です。

脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 94 23.12 16.54 5.32% 69.70  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 53 9.93 9.87 1.89% 76.17  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置2:なし-副病:なし 36 9.92 7.52 2.78% 63.61  
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 34 3.09 5.52 0.00% 65.59  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 33 54.61 19.35 21.21% 67.58  
当院の脳神経外科は、「脳神経センター」を開設し、脳卒中を代表とする脳血管障害、脳腫瘍、てんかん等様々な疾患に対応しています。
当院における脳卒中患者の中で、一番多いのが脳梗塞です。患者数一位は入院時JCS(意識レベル)10未満の、エダラボンによる投薬治療の患者ですが、JCS10以上の重症患者も多く受け入れています。また、t-PA治療も実施しています。
脳梗塞患者全体の中で、発症して3日以内の超急性期患者が97%を占めるデータが別項にて示されていますが、当院は急性期医療に力を入れるばかりではなく、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を有し、退院後の生活指導等も行っております。そのために平均在院日数も少し長めとなっております。
また、患者数二位、三位の頭部外傷患者の救急受け入れも積極的に行っております。

皮膚科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症-手術なし - 9.86 11.97 0.00% 57.43  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - 9.33 8.96 0.00% 85.67  
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - 7.00 7.38 0.00% 23.00  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹-処置1:なし - 6.00 11.28 0.00% 24.00  
               
皮膚科では幅広い皮膚疾患に対応しております。
「急性膿皮症」とは保険請求上の名称で、当院では主に蜂窩織炎を指し、抗生剤治療を行っております。
帯状疱疹に対してはアシクロビル(ゾビラックス)を中心とした投薬治療を行っております。

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 25 5.92 7.85 0.00% 72.16  
110420xx97xx0x 水腎症(その他)-その他の手術あり-副病:なし 20 2.25 5.33 0.00% 85.35  
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患-手術なし-副病:なし - 2.86 5.25 0.00% 46.29  
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患-陰嚢水腫手術等 - 5.71 4.91 0.00% 55.43  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患-その他の手術あり-副病:なし - 4.50 7.08 16.67% 93.00  
泌尿器科では、最も多い膀胱がんに対する切除手術、水腎症に対する尿管ステント挿入術、前立腺肥大症に対する切除手術等、経尿道的な内視鏡手術を中心に行っております。
また、多くの治療・手術・検査にはパスを適用し、患者様が早期に安心して退院できるように努めており、平均在院日数も短くなっております。「上部尿路疾患」とは腎結石、尿管結石を示す保険請求上の用語です。

婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等 41 10.51 10.05 0.00% 46.49  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症-手術あり 26 9.12 9.44 0.00% 70.85  
120220xx02xxxx 女性性器のポリープ-子宮内膜掻爬術 21 1.00 2.27 0.00% 45.71  
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮内膜掻爬術-処置1:0-処置2:なし - 1.00 2.61 0.00% 51.86  
120190xx97xxxx 女性生殖系の炎症性疾患(その他)-手術あり - 1.00 4.11 0.00% 50.33  
「子宮の良性腫瘍」とは子宮筋腫・子宮腺筋症を指し、当院では開腹手術、膣式手術、腹腔鏡下手術全て実施しております。
「生殖器脱出症」とは高齢者に起きやすい子宮脱、膀胱脱、直腸脱、子宮全摘出後の膣脱を指します。手術ではメッシュを使用しない、従来法による安全で身体に優しい手術を行っております。
また、子宮内膜ポリープ切除術や子宮頸部円錐切除術等の日帰り手術をはじめ、手術にはパスを適用し、患者様が早期に安心して退院できるように努めており、平均在院日数も短くなっております。

消化器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 45 12.13 11.06 4.44% 77.47  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置2:なし 26 7.62 9.02 0.00% 71.27  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 24 6.13 7.44 0.00% 67.13  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 20 9.70 10.93 0.00% 64.75  
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 16 19.13 16.16 6.25% 66.63  
消化器内科では、消化器疾患に対する内視鏡的検査・内視鏡的手術を主に担当しております。
患者数一位の胆管結石、胆管炎で「限局性腹腔膿瘍手術等」と記されているのは保険請求上の名称で、内視鏡的結石除去術、胆道ステント挿入術等の内視鏡的手術を示すものです。
また早期胃がんに対しては、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)やEMR(内視鏡的粘膜切除術)といった内視鏡的切除術を積極的に行っております。別項に示されている胃癌のStage分類において、Ⅰが断然多いのはその証しでもあります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 29 - - - - - 1 7
大腸癌 22 23 35 65 - 17 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 20 9.25 54.05
中等症 76 14.59 73.96
重症 - 21.00 87.33
超重症 10 20.70 86.90
不明 - - -

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 15 3.67 70.07 5.56%
その他 - 25.00 77.33 0.00%
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$脳梗塞3日以内 288 32.82 75.13 10.32%
その他 22 50.77 76.77 0.97%
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - 2.00 84.00 0.00%
その他 12 6.67 67.00 0.00%
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - 32.50 79.50 0.00%
その他 - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 - 6.00 59.00 0.00%
その他 - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 - - - -
その他 - - - -

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - 4.89 8.11 11.11% 70.44  
K617-2 大伏在静脈抜去術 - 1.43 1.57 0.0% 65.57  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - 1.20 4.80 0.00% 68.40  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 31.20 26.20 20.00% 81.00  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - 4.00 12.25 0.00% 77.00  

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60 1.82 4.40 0.00% 58.38  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 56 1.32 3.05 0.00% 62.00  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 41 5.12 12.98 0.00% 71.24  
K6335 鼠径ヘルニア手術 26 1.27 3.12 0.00% 70.88  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 26 0.31 3.62 0.00% 36.96  

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 83 3.35 33.05 4.82% 81.99  
K0811 人工骨頭挿入術(股) etc. 54 4.74 37.72 5.56% 83.54  
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 49 1.94 13.71 0.00% 60.20  
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 48 2.25 27.40 0.00% 72.42  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) etc. 32 0.97 3.03 0.00% 55.63  

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 46 1.63 12.80 4.35% 75.52  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 31 1.42 102.16 41.94% 69.10  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 18 7.33 32.72 27.78% 65.39  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 15 2.53 65.33 6.67% 60.87  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 15 9.13 18.53 6.67% 80.27  

眼科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 92 0.0 0.45 0.00% 73.37  
               
               
               
               

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 30 0.67 2.63 3.33% 84.47  
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 25 0.00 4.92 0.00% 72.16  
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - 0.00 4.71 0.00% 55.43  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - 0.50 8.50 0.00% 68.50  
K783 経尿道的尿管狭窄拡張術 - 0.00 2.00 0.00% 90.00  

婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K877 子宮全摘術 40 2.00 7.98 0.00% 47.23  
K861 子宮内膜掻爬術 29 0.00 0.00 0.00% 47.59  
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 22 2.23 6.46 0.00% 70.82  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 15 0.00 0.07 0.00% 46.00  
K848 バルトリン腺嚢胞腫瘍摘出術(造袋術を含む) - 0.00 0.00 0.00% 50.33  

消化器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 1.40 13.27 2.08% 74.96  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 37 2.46 2.00 0.00% 70.81  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 26 1.12 5.50 0.00% 71.27  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 19 1.21 7.42 0.00% 70.42  
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 16 0.81 9.63 6.25% 78.75  

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる 17 0.45%
180010敗血症同一 - 0.16%
異なる 17 0.45%
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 18 0.48%
異なる - 0.03%
2017年10月1日
平成28年度病院指標を公開いたしました。