文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

Withコロナ時代の乳がん検診

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

Withコロナ時代の乳がん検診

日本女性が罹患するがんの第1位が乳がんであり、毎年約8万人の方が罹患しています。発症年齢は40歳代後半と60歳代にピークがありますので40歳からの乳がん検診が重要です。ところが今般の新型コロナウイルス感染症の流行によって全国的に検診の遅延が発生し、がんの早期発見への悪影響が心配されています。