文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

40歳過ぎたら一度は大腸内視鏡検査を!

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

40歳過ぎたら一度は大腸内視鏡検査を!

大腸のポリープや癌に罹患する方は男女ともに40歳頃から徐々に増えはじめます。大腸癌といっても進行の程度にかなり幅があり、早い段階で発見できれば内視鏡治療や外科手術で切除することができ、治癒される方が多くいます。しかし、良性ポリープや早期癌の段階では自覚症状が無いことがほとんどで、実際は大腸内視鏡検査を受けることではじめて発見できるものが多くあります。