文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

脳腫瘍の診断

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

2012年02月23日

脳腫瘍の診断

外来においでいただいた患者様で、他院ですでに画像を撮られておられる場合には可能でしたら画像をお持ちいただけると同じ検査を受けずに済むメリットがあります。もちろん、当院外来に直接初診でいらっしゃる患者様も多くいらっしゃいます。一般的には、簡便で短時間に終了する頭部CT検査を外来で当日行い、結果も当日ご説明差し上げます。
頭部CTで脳腫瘍が疑われる場合にはさらに、造影剤を用いたMRI検査を行います。
当院ではCT、MRIともによほど混雑していなければ当日検査/結果説明を行っております。 (MRIは検査時間がかかるため当日不可能な場合でも数日以内には撮影可能です)

なお、脳腫瘍の場合、通常のMRI検査はもちろんのこと、その後の治療方針を決定するためにもMRSやfMRIやMRトラクトグラフィ(後ほど説明します)などの特殊撮影が必要です。特殊撮影は通常のMRIとは違い、脳腫瘍に力を入れている病院にはあるかと思います。当院では特殊撮影目的で他院からご紹介いただく方もおいでです。