文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

末梢動脈疾患

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

間歇性跛行(かんけつせいはこう)

動脈は心臓から送り出された血液が内臓や体の隅々に向かって流れている血管です。動脈の病気は大まかに大動脈疾患(大動脈瘤や大動脈解離など)とそれ以外の末梢動脈疾患に分けられます。末梢動脈のなかで足の動脈は動脈硬化の生じる頻度が比較的高く、以前は閉塞性動脈硬化症と呼ばれていました。

検査と治療

下肢動脈疾患が疑われた場合、ABI検査が行われます。ABI検査はAnkle Brachial pressure Indexの略で、足首で測定した血圧と上腕で測定した血圧の比をとった値です。足首で測定した血圧は上腕で測定した血圧よりやや高い値になるため、正常の血管ではABI検査の値は1以上となります。そのほか、超音波やMR検査で下肢の動脈の血流を評価したり、造影剤を使ったCT検査、カテーテルを使った血管造影検査などを行い病気の診断をすすめて行きます。