文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

医療従事者の勤務負担軽減への取り組み

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

2020年04月01日

カテゴリ:
患者さま

当院では医療従事者(勤務医・看護職員)の負担軽減および処遇改善のため、下記の取り組みを行っております。

業務分担の推進

診療、看護業務

 ・看護師によるトリアージ(治療の優先度、診療科の選定)の実施
 ・看護師による静脈注射および留置針によるルート確保
 ・臨床検査技師による採血の実施
 ・特定行為研修修了看護師による一部処置の実施
 ・看護師、医師事務作業補助者による検査説明
 ・療養支援部門の体制を強化し、入院前からの介入で速やかな退院支援
 ・患者相談窓口担当者による患者、家族の診療相談
 ・看護記録の効率化を目指したシステム導入の検討

事務作業

 ・医師事務作業補助者による文書作成と予約業務補助
 ・医師事務作業補助者によるカルテ入力補助(定時処方、検査指示等)

薬剤管理

 ・薬剤師による高カロリー輸液、抗がん剤などのミキシング
 ・薬剤師による病棟などの薬剤在庫管理
 ・薬剤師による与薬カートへの薬剤配備

医療機器管理

 ・臨床工学技士による医療機器の適正な使用と管理

診療適正化への推進

地域医療機関との連携

 ・入退院支援体制の確立

勤務環境、処遇改善の推進

適正な人員配置

 ・業務に応じた適正な人材と人員配置

院内保育

 ・24時間、院内保育受け入れ体制

勤務時間

 ・短時間正職員制度の活用
 ・残業時間削減への取り組み

勤務形態

 ・多様な働き方の活用