文字の大きさ
標準
拡大
背景色
白
黄
青
黒

サイトマップ

人工膝関節置換術

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

1.人工膝関節置換術

膝関節全部を置き換える全置換術と内側だけを変える半置換術があり、より体の負担が少ない半置換術を積極的に実施しています。

悪いところだけを置換するので術後の腫れや痛み、違和感が少なく、よく曲がります。手術翌日から痛み無く歩行され、術後5日で退院された患者様もおられます。

膝の外側が痛んでいたり、膝の中の靭帯が痛んでいる患者様には全置換術が適応となります。全置換術も膝の後方の靭帯を温存し、かつ筋肉を極力切らない手術手技を適応し、術後のより良い膝関節の機能を獲得していただいています。術後の膝が不安定にならないようバランスを整えることにより、痛くないだけでなく、歩きやすい膝になります。

足の筋力が弱い患者様には極力筋肉を切らない手術アプローチを採用しており、術後早期から安定して歩行できるよう配慮しています。術中、術後出血を抑え、術後の輸血はほとんどの患者様で不要となっております。

麻酔科の協力もあり、術後の鎮痛にも力を入れています。術後に強い痛みに耐えるということはありません。手術時間も90分程度と短く、正確に人工関節の設置を行っています。


[半置換術]


[全置換術]


【人工関節に関しては、以下のサイトもご参照ください】

<関節が痛い.com>

<人工関節ドットコム>